九州宮崎で外断熱の木の家、冬暖かく夏涼しい健康住宅を建てる工務店
注文住宅・家造りの参考にモデルハウスにも是非足を運んでください

0120-65-9575
TEL 0985-89-3142
FAX 0985-89-3143

後悔しない家づくりの心得

注文住宅の収納はどのくらい必要?注文住宅をお考えの方必見です! 21年10月11日

注文住宅を設計する際には、部屋数間取りだけでなく、収納スペースについても考える必要があります。
ただ、「収納スペースっていったいどれくらい必要なの」と思われる方も多いでしょう。
そこで今回は、収納スペースをどのくらい確保すれば良いのか解説します。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

IMG_4849.jpg

□注文住宅の収納スペースはどのくらい必要なの?

注文住宅で理想とされている収納率は12〜15%と言われています。
ここで「収納率って何」と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。
収納率とは、住宅の総床面積に対する収納部分の面積の比率のことを言います。
ただし、収納率は押し入れやクローゼットのような高さがあるスペースが該当し、キッチンや洗面化粧台の収納などは含まれません。

したがって、住宅の総床面積に対して12〜15%ほどの面積分は収納スペースに利用することをおすすめします。
では、どの部屋にどのくらい収納スペースを確保したら良いのでしょうか。
続いて、部屋ごとに必要な収納をご紹介します。

024.jpg

□必要な収納量を部屋ごとにご紹介!

リビングダイニングキッチン玄関洗面脱衣所トイレの6か所についてご紹介します。

リビングでは、大きな物よりも書類やパソコンなどの細々とした物がありがちです。
したがって、細々とした物を収納しやすいような収納棚などを設置すると良いでしょう。
リビングの収納として利用が多いのが、テレビ台を兼ねた収納や魅せるための飾り棚、パソコンなどを置くためのカウンターです。

ダイニングでは、調味料などをしまえるような収納があれば十分なので、収納率に該当するほどの収納はなくても問題ありません。
ダイニングはリビングと一体になっている住宅も多いため、リビングだけでは足りない分の収納をダイニング空間に作るのも良いでしょう。
ダイニングテーブルのそばにカウンターや小物入れ収納があるのもおすすめです。

キッチンでは、大きく分けて次の3つの物を収納する必要があります。

・食器やキッチン用品
・食材
・ゴミ

食材やキッチン用品等のストックが考えられる場合は、パントリーを設置すると良いでしょう。
パントリーは、0.25帖程度の扉付き収納で十分な人もいれば、2帖くらいほしい人もいるので、家族の人数などを考えてどのくらいの広さが必要か検討しましょう。

玄関は、靴や傘だけでなく、子供の外遊び用具やアウトドア用品の収納も考えられます。
子供の外遊び用具やアウトドア用品の購入が考えられる場合は、広めに設計することをおすすめします。

01-1.jpg

洗面脱衣所は、タオルや歯ブラシ、下着、化粧品、ドライヤーなどの多くの細々としたアイテムを収納する必要があります。
したがって、作り付けの収納を作らない予定の方でも、収納アイテムを後置きできるスペースは必ず確保しておきましょう。
たとえば、タオルや下着などをしまう空間は、0.25帖ほどの収納スペースがあると良いでしょう。
また、洗剤などは洗濯機横にニッチをつけて置く方法も人気です。

トイレにもトイレットペーパーの予備や掃除用品を収納できるスペースがあると嬉しいですよね。
広めにトイレをつくる場合は置き型を、通常サイズのトイレの場合は埋め込み型の収納をおすすめします。

  

□まとめ

本記事では、収納スペースをどのくらい確保すれば良いのか解説しました。
当社はお客様に満足いただける住まいづくりをサポートしますので、ご不明点等ございましたらご連絡ください。

| コメント (0)

コメント一覧

コメントする

0120-65-9575
0985-89-3142
0985-89-3143

HOMEへ戻る

一番上へ戻る