九州宮崎で外断熱の木の家、冬暖かく夏涼しい健康住宅を建てる工務店
注文住宅・家造りの参考にモデルハウスにも是非足を運んでください

0120-65-9575
TEL 0985-89-3142
FAX 0985-89-3143

後悔しない家づくりの心得

注文住宅をお考えの方へ!キッチンのこだわりポイントを解説! 22年06月26日

この記事をご覧の皆さんは
「注文住宅を考えているがキッチンづくりにこだわりたい」「キッチンの種類について詳しく知りたい」
このようなお悩みを抱えているかもしれません。
そこで、今回はキッチンの間取りの種類と、こだわりポイントについて解説します。

キッチン2谷口邸.jpg

□キッチンの間取りの種類を解説!

まずは基本となるキッチンの間取りやレイアウトの種類について解説します。

1つ目はI字型キッチンです。
シンクとコンロ、作業スペースが一列に並んでレイアウトされたもので、日本の住宅で最も目にするレイアウトと言っても過言ではないでしょう。
作業動線が横に広がるレイアウトですが、壁付けなので面積を狭くでき、リビングやダイニングを広い間取りにできます。
対面式でなければリビングに背を向けて作業することになるので、小さいお子様がいる場合は工夫が必要ですね。

2つ目はL字型キッチンです。
キッチンの調理台と天板をL字型に並べたレイアウトです。
複数の作業を同時に行えるので効率良く作業が進むでしょう。
ワークトップのコーナーに調理家電を置いたり、作業スペースにしたりすることで使いやすいキッチンになります。

3つ目はコの字型キッチンです。
ワークトップをコの字に配置したレイアウトで、L字型と同様に作業動線が短いというメリットがあります。
作業動線が短いので手の込んだ料理を作るご家庭や、品数を多く出すようなご家庭にぴったりです。

□キッチンのこだわりポイントについて解説!

ここではキッチンのこだわりポイントについて解説します。
毎日使うキッチンなので、自分や家族にとって理想のキッチンを選びたいですね。

キッチンを選ぶ際には以下のポイントを意識しましょう。

・レイアウト
・アイランドキッチンと対面キッチンのデメリット
・家事動線
・収納スペース

レイアウトは使いやすさとリビングでの過ごしやすさを考えて選ぶと良いでしょう。
アイランドキッチンと対面キッチンはリビングに臭いや音が広がりやすいので、気になる方は避けた方が良いかもしれません。

また家事動線を意識してアイテムを置いてください。
料理しながら家事を行いたい場合は、調理から配膳、片付けまでの一連の流れを考慮すると良いでしょう。
収納スペースは広ければ広いほど使いやすいというわけではないです。
何を収納するかを考えて取り出しやすいように配置しましょう。

恩田邸完成写真2017.05.27 041-2.jpg

□まとめ

この記事では、キッチンのこだわりポイントについて解説しました。
キッチンにはL字型やコの字型などの種類がありました。
理想のキッチンを選ぶためにも上記で紹介したようなポイントを意識してくださいね。
この記事を注文住宅でキッチンを選ぶ際の参考にしていただけると幸いです。

| コメント (0)

コメント一覧

コメントする

HOMEへ戻る

一番上へ戻る