九州宮崎で外断熱の木の家、冬暖かく夏涼しい健康住宅を建てる工務店
注文住宅・家造りの参考にモデルハウスにも是非足を運んでください

0120-65-9575
TEL 0985-89-3142
FAX 0985-89-3143

過去のイベントレポート

新たな人生をお二人仲良く健康で生活を楽しむために木と塗り壁で造る人に優しい家、H様邸の気密試験を行いました! 20年05月10日

宮崎市新別府町で、工事を進めておりましたH様邸の「断熱・気密工事」が完了し、社内検査の一貫である「気密試験」を行いました。
本来でしたら、他では見る事の出来ない外熱断大きな木材を使った耐震構造そして気密試験の様子などを知って頂きたく「一般公開」とさせて頂いていたのですが、今回まではコロナでの影響を考慮し施主様ご夫妻立ち合いの下で関係者のみで実施いたしました。

IMG_1367.jpg

見学のご希望を頂いておりましたお客様には、本当に申し訳ありませんでした。(汗)
次回は、5月23日都城市で「断熱及び構造そして気密試験の一般公開」を予定しておりますので、皆様のご参加をお待ちしております。

IMG_5633.jpg

H様邸は、平屋の床面積31で、熊本大地震のような時でも大事な家族の生命を守れるよう「長期優良住宅仕様」になっており、さらに地中熱利用の高気密・高断熱のこだわりの高性能住宅になっております。

| コメント (0)

過去のイベントレポート

自然素材に包まれた健康住宅/世代で紡ぐ2世帯住宅、H様邸の断熱・構造、気密試験の一般公開を行いました♪ 20年01月28日

昨年11月より宮崎市稗原町で工事を進めておりましたH様邸の「断熱・気密工事」が完了し、社内検査の一貫である「気密試験」を行いました。

H様邸は、ご主人のお母様、ご夫婦そして娘さんとの3世代で暮らす2世帯住宅となっています。
2階建て・床面積41.6で、大地震のような時でも大事な家族の生命を守れるよう長期優良住宅の基準を満たした高気密・高断熱住宅の高性能住宅になっております。

濱田様邸 気密試験風景 縮小2.jpg

当日はあいにくの雨とはなりましたが、大工さんや業者さん立会いの下、ご予約のお客様方、お施主様ご家族と、沢山の方においで頂きました。

ありがとうございました!

気密検査の結果は、北海道のような寒冷地基準である目標値(C値0.5以下)を大工さん達の頑張りもあって今回もクリアできました。

検査終了後、奥様と娘さんが「階段ができたら早く2階も見てみたい」と工事の進み具合に目を輝かせていたのがとても印象的でした。

きっと大満足して頂ける家が出来ますので、今しばらくお待ちください!

| コメント (0)

過去のイベントレポート

自然素材の「塗り壁」と「木」で造るこだわりの注文住宅、N様邸の「断熱及び構造そして気密試験の一般公開」を行いました! 18年07月23日

現在、工事を進めております宮崎市下北町N様邸及び宮崎市吉村町O様邸の2棟において、気密試験を7月21日(土)に行いました。
そして、N様邸では「断熱及び構造そして気密試験の一般公開」を開催しました。

試験には、今回も「パッシブソーラーハウスの達人」である大分県の住環境プランニングの佐々木社長に実施して頂きました。

IMG_8459.jpg
最近は、メガソーラーの相談や設置に西日本を中心に飛び回っておられるのですが、そのお忙しい中、イズムさんのためにと来て頂きました。いつもありがとうございます!

今回の一般公開ですが、猛暑にも関わらず、なんと8家族もの方々にお出で頂きました!!
窓や出入り口を締め切っての試験で暑い中、長時間にわたり私どもの説明を熱心聞いて頂き、そして多くの質問まで頂きまして、大変に盛り上がりのあった一般公開であったように思いました。

IMG_8510あ.jpg

参加者の数が予想より非常に多かったために、行き届かなかった点もあったのではないかと心配しております。(汗)
地味なイベントではありますが、完成してからでは見えなくなる部分であり、家の重要なところでもある構造断熱気密に、多くの方が興味を持って頂いた事は、家造りに携わる者としては大変嬉しかったです。(笑)

IMG_8536.jpg

気密試験とは、分かりやすく言いますとスキマ風が入らないかどうかを測定するもので、上の写真の機械を使って室内の空気を排出し減圧していきます。
そうして、外の気圧と室内の気圧差を測定し数値である「C値」を算出していきます。

どんなに高価で性能の良い断熱材を使っていても、外部の空気がスースーと家の中に入ってきたら、暖かくもないし、涼しくもないですよね。(笑)

| コメント (0)

過去のイベントレポート

これからの人生を健康で快適にそしてご夫婦で楽しむための「終の棲家」K様邸の「断熱及び構造そして気密試験の一般公開」を行いました! 17年12月23日

宮崎市冨吉で工事を進めておりましたK様邸の、「断熱及び構造そして気密試験一般公開」を行いました。
今回は、都城市新富町など遠方からも見学にお出で頂きました、ありがとうございました! 

kawagokimitu2199.jpg

「気密試験」とは、分かりやすく言いますとスキマ風が入らないかどうかを測定するもので、下の写真の機械を使って室内の空気を外部に排出し減圧していき、外の気圧と室内の気圧差を測定し、数値(C値)算出していきます。
どんなに高価で性能の良い断熱材を使っていても、外部の空気がスースーと家の中に入ってきたら、暖かくもないし、涼しくもないですよね。(笑)
家造りにおいて大事なのは、単に良い材料を使えば良いのではなく、良い素材の特性を活かしいかに丁寧に施工するかだと思っています。

kawagokimitusasaki197.jpg

下の写真は外部にて、断熱だけではダメ遮熱がいかに大事かをご説明しているところです。
熱の伝わり方には、「伝導」、「対流」、「輻射」の3種類があり、伝導や対流での熱を移動防ぐには「断熱材」で、輻射での熱の移動を防ぐには「遮熱シート」になります。
テレビとかで、人工衛星銀色のアルミ箔みたいなものが巻き付けてあるのを見かけますが、あれも遮熱シートの一つでいかに大事なものか分かって頂けますでしょうか。
どちらが欠けても効果は半減してしまいますので、是非、覚えて置いて下さいね!

kawagoekimitusikenngaibu189.jpg

| コメント (0)

過去のイベントレポート

眺めの良い里山に建つ、家族の安全と健康・快適性を大事に考えた家、O様邸の「断熱及び構造そして気密試験の一般公開」を行いました! 17年02月26日

宮崎市佐土原町で、工事を進めておりましたO様邸の、「断熱及び構造そして気密試験の一般公開」を行いました。 
気密試験とは、分かりやすく言いますとスキマ風が入らないかどうかを測定するもので、の写真の機械を使って室内の空気を排出し減圧していき、外の気圧と室内の気圧差を測定し、数値(C値)算出していきます。
どんなに高価で性能の良い断熱材を使っていても、外部の空気がスースーと家の中に入ってきたら、暖かくもないし、涼しくもないですよね。(笑)

ondakimitu22017.02.25 001.jpg

試験には、今回も「パッシブソーラーハウスの達人」である大分県の住環境プランニングの佐々木社長に実施して頂きました。
佐々木社長は、最近はメガソーラーの相談や設置にも西日本を中心に飛び回っておられるのですが、このようなパッシブソーラーの家造りが好きで関わっていたいと言うエンジニア気質だけで殆ど利益度外視で来て頂いているのですが、本当に好きなんですよねぇ。(笑)

ondakimitu32017.02.25 002.jpg

| コメント (0)

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
0120-65-9575
0985-89-3142
0985-89-3143

HOMEへ戻る

一番上へ戻る