九州宮崎で外断熱の木の家、冬暖かく夏涼しい健康住宅を建てる工務店
注文住宅・家造りの参考にモデルハウスにも是非足を運んでください

0120-65-9575
TEL 0985-89-3142
FAX 0985-89-3143

後悔しない家づくりの心得

注文住宅では何から始める?家づくりの流れをご紹介! 22年02月12日

皆さんは、家を建てる際に何から始めるかご存知ですか。
マイホームを建てようと思っても、家づくりの流れが分からない方が多いと思います。
そこで今回は、家づくりの流れと予算を決めるポイントについて紹介します。

5074973_s.jpg

□家づくりの流れ

家づくりの流れを10ステップでご紹介します。

ステップ1は、どんな家が欲しいか考えることです。
まずは、住宅会社に相談する前に自分でどんな家が欲しいか、家族とどんな家にしたいかなどを話し合い、イメージを固めましょう。

ステップ2は、資金計画を練ることです。
建てたい家のイメージが固まったら、次は資金計画です。
ここでは、現実的に月々の収入からいくら住宅にかけられるのかを算出してみましょう。
そして、実際の予算はいくらぐらいなのか把握しましょう。

ステップ3は、土地と建物の条件をリストアップすることです。
理想の暮らしと予算が決まったら、実際にどんな家を建てるか条件を決めていきましょう。
選択肢としては、注文住宅、分譲住宅、中古住宅、マンションが挙げられます。

ステップ4は、請負業者又は販売業者を選ぶことです。
大きく分けるとハウスメーカー、工務店、建築家、不動産屋に分けられます。
ステップ3までで検討してきた理想の家を手に入れるためには、どの業者に頼むのが良いか良く考えましょう。

ステップ5は、住宅ローンの申し込み(事前審査)です。
ステップ5〜7は並行して進めることがほとんどです。
住宅ローンの申し込みについて初めてのことで分からないことも多く、必要書類を集めるだけでも一苦労という方がほとんどでしょう。
このステップまでに住宅会社に依頼するという手もあります。

ステップ6は、土地探しです。
理想の土地が見つからなければ、土地探しにも一苦労します。
希望の土地が見つかったならば、急いで住宅ローンの審査も進めていきましょう。

ステップ7は、建築プランや見積もりを立てることです。
住宅会社に自分の希望と予算を伝えて建築プランや見積もりの相談を進めましょう。

ステップ8は、請負業者との契約です。
ステップ7で納得のいく建築プラン、見積もりが出たら、実際に契約していきましょう。

ステップ9は、住宅ローンの申請です。
家の設計が完了し、諸々の具体的な費用が確定したところで住宅ローンの本審査に進みましょう。

ステップ10は、工事着工から入居です。
建設中はできるだけ現場に足を運び、プランとの間違いが無いか確認しつつ、施主として感謝を伝えるようにしましょう。

□予算を決めるポイント

1つ目は、自己資金としていくらまでなら準備できるかを考えることです。
新生活を始める余裕も残した上で資金計画を立てましょう。

2つ目は、住宅ローン借入額について検討することです。
無理のない返済を継続するためには、年収の25~30パーセントくらいを12で割った金額を目安に考えてみましょう。

借入額が多いと将来的な返済リスクを伴うため、入念にシミュレーションすることをおすすめします。

23294722_s.jpg

□まとめ

今回は、家づくりの流れと予算を決めるポイントについて紹介しました。
まずは、家族と話し合って建てたい家のイメージを共有しましょう。
イメージが明確だとその後もスムーズに進むでしょう。
家づくりをお考えの方は、お気軽に当社までご相談ください。

| コメント (0)

後悔しない家づくりの心得

ウッドデッキのメリットとよくある失敗をご紹介します! 22年02月09日

「住まいにリラックスできるような空間が欲しい」
「物干しスペースが欲しい」
家づくりをお考えでこのような希望をお持ちの方は多いでしょう。
そんな方におすすめなのがウッドデッキです。
この記事ではウッドデッキの魅力とよくある失敗例をご紹介します。

IMGL9034.jpg

□ウッドデッキの魅力とは?

今回ご紹介するウッドデッキのメリットは「家族全員のリラックススペースになる」「物干しスペースに使える」の2つです。
それぞれ詳しく解説していきます。

1つ目は家族全員のリラックススペースになることです。
天気が良いときにはチェアに座って昼寝や読書ができますし、子どもの遊び場としても活用できます。
「住まいにリラックスできる空間を作りたい」
そう思っている方にはウッドデッキがうってつけです。

2つ目は物干しスペースに使えることです。
「天気の良い日は気持ちよく外で物干ししたい」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
こんなときには、ウッドデッキが有効活用できます。

もちろん、今回紹介した以外にもウッドデッキにはたくさんの魅力がありますので、もし興味があればぜひ当社にご相談くださいね。

□ウッドデッキでよくある失敗をご紹介!

ウッドデッキの魅力をわかっていただけたでしょうか。
ここからはウッドデッキでよくある失敗をご紹介します。
ウッドデッキの魅力を最大限発揮するためにも、これらの失敗をあらかじめ予防しましょう。

*木材の種類をしっかり検討しなかった

当然ですが、木材によって特徴が異なります。
デザイン性が重視されている材料もあれば、注入材によって加工されている材料もあります。

地域の気候や周辺環境との相性を考えずに木材を選んでしまうとトラブルの元になってしまいます。
なお、当社のウッドデッキはほとんどのお客様が注入材入りの杉材を使用しています。

*メンテナンスを怠って腐らせてしまった

木材は長い間雨や風にさらされ続けるとダメージが蓄積していきます。
そのためウッドデッキを長期間安全に使っていくためには定期的なメンテナンスは必須です。

*サイズが小さすぎた

ウッドデッキを設置するなら、まずはどのような目的で設置するのかを明確にしましょう。
特に目的を決めずにウッドデッキを作ってしまうと何をするにしてもスペースが足りなくなる恐れがあります。

202.jpg

□まとめ

今回はウッドデッキのメリットとよくある失敗例をご紹介しました。
当社はお客様に長い間健康に暮らしていただけるように、自然素材にこだわった家づくりを提供しておりますので、注文住宅をお考えの方はぜひご相談ください。

| コメント (0)

後悔しない家づくりの心得

リビングに吹き抜けを作るメリットは?注意点も併せてご紹介! 22年02月05日

「吹き抜けの魅力が知りたい」
「どのようなことに気をつければ良いのかわからない」
吹き抜けをお考えの方でこのような疑問をお持ちの方は多いでしょう。
そこでこの記事では吹き抜けをつくるメリットと注意点をご紹介します。

5623.jpg

□吹き抜けをつくるメリットとは?

リビングに吹き抜けをつくる主なメリットは「明るい空間になる」「開放的に感じる」「コミュニケーションがとりやすい」の3つです。
それぞれ詳しく解説していきますね。

まず、吹き抜けをつくることで空間を明るい印象にできます。
吹き抜けをつくるなら、二階の壁に窓を設置することが一般的です。
これによって室内に太陽光を取り込みやすくなり、部屋全体を明るく照らせます。

次に、吹き抜けをつくると開放感を演出できます。
吹き抜けは二階の床を作らない部分があるため、自然と天井が高くなります。
これによって広々とした空間を作れるのです。

それほど広い土地が確保できない方におすすめだと言えるでしょう。

なお、当社では高気密高断熱の性能にこだわった家づくりをしており、ほとんどの住まいで天井を高くしたり、吹き抜けを作ったりして開放感を演出しております。

最後にコミュニケーションがとりやすくなります。
通常なら一階と二階を隔てている床がなくなるわけですから、一階から二階への声が届きやすくなります。
子どもの様子を見ながら作業したい方にはおすすめです。

□吹き抜けをつくる際に注意点があります!

ここまで吹き抜けの魅力を紹介してきましたが、ある注意点があります。
それは、一般的に抜き抜けのある部屋は空間が広いため、エアコンの効率が下がってしまいがちです。

しかし、外張り断熱工法の高気密・高断熱の超高性能なイズムの家は、吹き抜けをつくる場合でも、温熱環境がほぼ一定ですので、冬は蓄熱暖房機、夏はエアコン一台で快適に過ごすことが出来ます。
寒さの厳しい冬場も暖房効率を気にする必要はなく、蓄熱暖房機の風のないほっこりとした暖かさで家中が暖かくなります。

044.jpg

□まとめ

他にも吹き抜けをつくると光熱費が高くなったり、耐震性が低くなったりすると言われていますが、当社は綿密に設計を行なっているためこのようなデメリットは発生しません。

| コメント (0)

後悔しない家づくりの心得

長持ちする家の構造は?住まいを長持ちさせるためのポイントもご紹介! 22年02月01日

せっかく家を建てるなら長持ちする家にしたいですよね。
では、長持ちする家とはどんな家でしょうか。
この記事では、長持ちする家を実現するためのポイントや構造をご紹介します。

23218931_s.jpg

□長持ちする家のポイントを紹介します!

1つ目は、災害に強いことです。

地震や水害にあってしまうと建物は大きなダメージを受けてしまいます。
例えば、地震が起きた時に地盤が弱いと建物が傾いてしまうかもしれません。
建物が傾いてしまうと、ひび割れが起こってしまい耐久性も低くなってしまいます。
水はけが悪いと、カビが発生して腐敗してしまうかもしれません。
家は性能の高さも大切ですが、災害が起きた時に強い家にすることも考えておきましょう。

2つ目は、定期的にメンテナンスしやすいことです。

メンテナンスがしやすいことは長持ちさせるために大切なことです。
経年劣化はどれだけ良い建材を使っていても起こることです。
年月が経つごと建物の寿命は短くなっていきます。
経年劣化を放置してしまうと、家の耐久性はどんどん落ちていきます。
そこで定期的に検査をし、メンテナンスする必要があります。
何かトラブルがあった時に、すぐにメンテナンスできる家にしておくことが大切です。

□長持ちする家の構造はどんなの?

長持ちする家というのは、具体的にいうと耐震等級3の家です。
耐震等級とは、3段階あります。

等級1は、建築基準法の最低性能であり、阪神淡路大震災レベルの地震が起こっても倒壊しない建物です。
等級2は、建築基準法の1.25倍の耐震性であり、学校や病院のような避難所と同じレベルの建物です。
等級3は、建築基準法の1.5倍の耐震性であり、消防署や刑務所などの防災拠点と同じレベルの建物です。

耐震性能を良くするためには、コストが大きくなってしまいます。
しかし、長い目で見て、災害によって建て直しやメンテナンス費用を考えると耐震等級の高い家にした方がコスト的にも良いでしょう。

DSC0599.jpg

□まとめ

今回は、長持ちする家を実現するためのポイントや構造をご紹介しました。
日本に住んでいると地震などの自然災害はいつか必ずやってきます。
いつくるか分からない災害に備えて、安心して住める家づくりをしておきましょう。
住宅に関して何か分からないことや悩みがあれば、ぜひ当社にご相談ください。

| コメント (0)

後悔しない家づくりの心得

建築面積と延床面積の違いは?土地選びにに関するポイントも解説します! 22年01月28日

不動産について調べている際に「建築面積」や「延床面積」という文字をよく見かけますね。
見たことはあるけど、意味や違いをご存知でないという方も多いのではないでしょうか。
この記事では、建築面積と延床面積の違いや土地選びの際の注意点をご紹介します。

2780756_s.jpg

□建築面積についてご紹介します!

建築面積とは、建物の柱や壁の中心線で囲まれた範囲の水平投影面積のことです。
水平投影面積とは、真上から太陽が当たった時にできる影の面積のことであり、つまり真上から見た時の面積です。
1階と2階で面積の広い方を建築面積とします。
一般的に2階より1階の方が大きいことが多く、1階の面積が該当することが多いでしょう。

建坪という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
これは、建築面積を坪に換算したものですが、建築基準法に明確に定義されているものではありません。

次に、延床面積について説明します。
延床面積とは、建物の床面積を合わせたものであり、2階建ての家であれば1階と2階の面積を合計したものになります。
バルコニーやロフト、吹き抜けの面積は含みません。
これらを含んだものは、施工面積と呼ばれます。

□土地選びのポイントを紹介します!

土地選びの際に注意するべきポイントを4つ紹介します。

1つ目は、3階建ての家に注意することです。
土地面積が狭く、延床面積をできる限り大きくしたいという場合は、建物の形状や高さを規制する斜線制限に注意しましょう。
北側斜線制限という規定があり、北側にある家との境界線上に5メートルか10メートルの高さをとって、そこから一定の傾きを建てる必要があります。

2つ目は、隣の家との距離に注意することです。
民法の規定によると、隣家との距離は50センチメートル以上を確保する必要があります。
近隣トラブルを避けて快適に住むためにも隣家との距離に注意しましょう。

3つ目は、駐車場のある家に注意することです。
建物1階のガレージ部分に駐車場を作る場合、容積率緩和措置を受けるために延床面積の5分の1未満にしましょう。
屋外に設ける場合も、カーポートや屋根が建築面積に入るため注意しましょう。

4つ目は、アウトドアリビングのある家に注意することです。
バルコニーやひさしが外側に突き出ている場合、1メートルまでであれば建築面積に含まれません。
1メートル以内でも内側に柱や壁で囲まれている場合は算入されます。

m042.jpg

□まとめ

今回は、建築面積と延床面積の違いや土地選びの際の注意点を紹介しました。
注文住宅を初めて建てる場合は、知らないことも多くあり不安ですよね。
しっかり知識を入れて、安心した家づくりのプランを考えましょう。
住宅に関して何か分からないことや悩みがあれば、ぜひ当社にご相談ください。

| コメント (0)

前の5件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

HOMEへ戻る

一番上へ戻る