九州宮崎で外断熱の木の家、冬暖かく夏涼しい健康住宅を建てる工務店
注文住宅・家造りの参考にモデルハウスにも是非足を運んでください

0120-65-9575
TEL 0985-89-3142
FAX 0985-89-3143

スタッフ日記

室温を2度上げると健康寿命が4歳延びる Part2 20年02月10日

前回、『住宅』が『健康』に与える影響について簡単にお伝えしましたが、タイトルの「室温を2度上げると健康寿命が4歳延びる」ことについて何ら根拠を示していませんでしたので、今回はより詳細にお伝えしたいと思います。

少し難しい内容になっていますが、とても大切な情報ですので、真剣にマイホーム建築をお考えの方にはぜひ頑張って読んで頂きたいと思います。

2018年11月、WHO(世界保健機関)が「冬の室内は18度以上」を強く勧告しました。

国際機関が健康の観点から住宅に触れたことは画期的なニュースといえます。

また、国土交通省が調査したところ、リビング→60%寝室・脱衣所→90%の家が18度に達していなかったそうです。

(調査対象:冬季に平均年齢57歳の住居2,000戸)

『耐震』に関しては、世界に類を見ないほど厳しい基準がある一方で、経済大国といわれて久しい日本で『健康を守る家』に住んでいる人は、まだまだ少ないそうです。寒くて布団から出られないイラスト2.png

寒さに関する法規制がないのも、先進国の中で日本くらいだそうです。寒がる女性イラスト2.png

一方で厚生労働省は「健康日本21」*1において、国民の最高血圧の平均値を3~4㎜Hg低下させることを目標にしています。(対象:40~80代

*1 国民の健康寿命を延ばすことを実現するための計画

しかしその対策はというと、生活習慣の改善ばかりで『住環境』の視点が入っていません。

全ての国民が『冬季に室温18度以上』を保てば、この目標数値を達成することは可能なのです。

そう言い切れる根拠をこれからご紹介したいと思います。

イギリスでは、『家の寒さと死亡率の関係』を数十年にわたり調査し、その結果を分析して公表しています。

この中で「室温が18度を下回ると循環器疾患、16度を下回る感染症などの発症等のリスクが高まる」と指摘しています。

(この調査結果が根拠となり、↑のWHO勧告がなされました)

ちなみにイギリスでは、18度未満の賃貸住宅には解体命令が出るそうです( ゚Д゚)

室温が健康に及ぼす影響.png

びっくりおじさん イラスト.png

日本では、2012年には交通事故の死亡者数が年々減少し続け4,500人を切ったのとは対照的に、住宅内で何らかの事故で死亡した人は3倍以上1万5,000人に達しました。つまり、外にいる時より家にいる時の方が危険だということです。(厚生省の統計より)

更に、住宅内での死亡は、浴室内での溺死が40%。冬場の暖房のきいたリビングと廊下やトイレなどとの温度差は、戸建ての場合平均15度

ヒートショックにより心筋梗塞や脳梗塞を発症し死亡するケースも少なくありません。

起床時最高血圧と室温の組合せの関係.png

ヒートショックおじいさん.png

居間室温と高血圧基準以上となる確率.png

また、慶応大学理工学部の研究チームが行った調査によると、夜中0時の時点で室温を18度以上に保つ家に住む人高血圧の発病率を1とすると、18度未満の家に住む人達は6~7倍発症しやすいことが判明しました。10年にわたりin高知県

加齢、肥満、喫煙、塩分摂取による発病率と比較しても、家が寒い場合の方が発症確率

が高かったのです( ゚Д゚)

私ども設計工房イズムが、高気密・高断熱にこだわる理由がここにあります!

今回は「室温、室温」と言ってきましたが、大切なのは体感温度です。この体感温度に多大な影響を与える『湿度』の重要性について次回はお話しようと思います。

どうぞ、お楽しみに♪

◆参考文献:週刊文春『温かい家は寿命を延ばす』 / 週刊新潮 2020年2月1日号
◆参考資料:建築再⽣展2019 住宅リフォーム推進協議会セミナー資料

| コメント (0)

コメント一覧

コメントする

0120-65-9575
0985-89-3142
0985-89-3143

HOMEへ戻る

一番上へ戻る