九州宮崎で外断熱の木の家、冬暖かく夏涼しい健康住宅を建てる工務店
注文住宅・家造りの参考にモデルハウスにも是非足を運んでください

0120-65-9575
TEL 0985-89-3142
FAX 0985-89-3143

スタッフ日記

【SDGs】暖かい家で冬の暮らしを楽しむ、超高性能住宅 #HEAT20G2 21年12月01日

宮崎も冷たい空気が身に染みるようになり、「蓄熱暖房機」の出番となりました!
寒くなると、暖かい部屋にこもりがちになりますが、高気密・高断熱住宅なら日差しや少しの暖房で家全体が暖かくなるので家事や育児、勉強にテキパキと動くことができ、効率アップで賢く趣味の時間も楽しむことができます。
ご高齢の方も、室内が暖かいと、血圧心拍数上昇が抑制されるのでからだの調子がよく、自然と活動量も増えていきます。

004.JPG


皆さんは、暖房だんぼう)と採暖さいだん
この二つの言葉の違いをご存知でしょうか?

【暖房(だんぼう)】・・・室内全体を暖めること。※家全体を均一な温度で保つためには「高気密・高断熱」が必要になる。

【採暖(さいだん)】・・・部分的に暖をとること。温熱で体を暖めること。※家の中、もしくは部屋の部分部分で温度差が出るのでヒートショックの原因にもなる。

家の性能について考える時には、まず暑さ・寒さを考えましょう。採暖と暖房の違いは夏の暑さも同様です。しっかり理解して家づくりを始めることが大事です!


ism004.jpg

私共は、外張り断熱工法の高気密・高断熱超高性能住宅で、こだわりの自然素材を使用した心地よい温度・湿度の室内で一年中快適に暮らすことができる家づくりをしております。

採暖はこたつやストーブなど、一つの部屋だけや家の一部分を暖めることを指し、床や壁、天井まで家全体を暖めることを暖房といいます。
つまり「快適な家」というのは、どの部屋も気持ちの良い温度で繋がっており家中どこにいても同じように過ごすことができる温熱環境の事をいうのです。
温度差がないですので、ヒートショックの心配もありませんし、温度感のストレスも減りますので精神面や身体の健康にも繋がります。

14.JPG

そして、イズムの家では「暖房にエアコンは使用いたしません。
快適性の高い「蓄熱暖房機」を使用します。皆さん一度は聞いたことのある「オイルヒーター」と原理は同じです。
蓄熱暖房機は、本体内に特殊なレンガ(鉱石)が入っており、その特殊なレンガを熱で温め、蓄えた輻射熱(ふくしゃねつ)を利用して、部屋全体をムラなく暖めてくれる暖房機です。
ひなたぼっこをしているときのような、優しくじんわりとした温かさで、体の芯から温めてくれます。
風が出ないのでホコリも舞いませんし音もしません。
乾燥もしないので体に優しく、深夜電力を使用しますので夜中も朝方も寒くなくお財布にも優しいとっても優秀な暖房機です。
風のないじんわりとした温かさは、なんとも言えない心地良さです。

IMG_5524.jpg

輻射熱(ふくしゃねつ)で乾燥することもありませんが、こだわりの自然素材を使用した木と塗り壁の調湿効果で、真冬でも湿度が50%前後あり、家の中はあったか潤っています。
塗り壁に使用している、幻の漆喰は「天然の空気清浄機」とも言われており、毎日の生活の中で発生する臭いの元や、「家具」・「家電」などから発生する化学物質を吸着・分解し、半永久的にクリーンな空気を創り出します。
自然乾燥材の「うづくりの床」は、自然に人が快適と感じる湿度に調整してくれる為、喉の乾燥も防ぎ風邪などの予防に効果的です。
とくに「アレルギー」や「喘息」などをお持ちの方には、安心して過ごしていただくことが出来ますよ。「加湿器」や「空気清浄機」もいりませんので、お手入れの手間も省くことができます。

m011.jpg

家中が暖かいと寒い冬の暮らしを楽しむことが出来ますし、からだの芯まで暖まっているので、外へ出かけるのも億劫に感じず、活動的に冬を過ごすことができます!


事務所兼住宅の実際に住んでおります「体感住宅モデルハウス」では、ほっこりするような心地良い暖かさの室内をご体感いただけます。
木のアロマ香る癒しの空間へぜひお越しください。
ご予約お待ちしております▶▶▶【Click✓】

 

~自然素材についてはことらをご覧ください~

| コメント (0)

コメント一覧

コメントする

HOMEへ戻る

一番上へ戻る