九州宮崎県で外断熱の地中熱活用住宅と自然素材住宅
木の家を手がける小さな工務店です

0120-65-9575
TEL 0985-89-3142
FAX 0985-89-3143

矢野の家づくり日記

熊本地震について想う 倒壊した住宅は?耐震基準は? 16年05月03日

今回の熊本地震では、建物、道路、橋、ライフラインなど大きな被害がでており、未だに復旧の目途もたっておらず困窮されておられ方が多いように聞いております。
先日、早期の復旧の願いを込めて、ささやかではごいますが募金に協力させて頂きました。

被災して完全に倒壊したり、倒壊は免れたが「応急危険度判定」で立入りや使用を制限されている家もかなりの数あり、多くの方が行き場もなく困っている様子が報道されておりました。
木造だけでなく、鉄骨の建物そして鉄筋コンクリート造の市役所などまでもが被災しているのを見まして、家造りに携わる建築士として構造のあり方耐震基準の考え方、重要さを改めて考えさせられました。

今回の地震で多くの方が思われた事の一つは、倒壊した家と倒壊しなかった家は何が違うのだろう?そして自分が住んでいる家は大丈夫なのだろうか?ではないでしょうか?

家震災直後からのニュースや報道番組の画像、住宅専門雑誌の現地調査報告記事などを見てまず思ったのは、倒壊した家で一番に目立ったのは築数十年経っている土葺きの瓦屋根の家であったように思います。
瓦だけでも重いのに、昔の家は瓦の下地に粘土を葺いていましたのでさらに重くなり被害が増加したのでないでしょうか?

ただ、屋根だけなく土葺きをしていた頃の家は、横揺れを緩和してくれたであろう壁が少なく「障子」や「襖」などの開口部が殆どだったと言うのも大きな要因だったように思います。
耐力壁ではなくとも、適所に壁があっただけでも違った結果になっていたかも知れませんね...

研修行ってきました!

本当にあったトラブルに学ぶ「温暖地の結露・カビ対策」セミナーに行って来ました! 16年04月29日

keturosemina-3 006.jpg

先日、東京で開催されました「温暖地の結露・カビ対策」セミナーに行ってきました。
このセミナーは「日経ホームビルダー」と言う住宅業界では大手の専門雑誌社主催で行われたもので、全国で実際にあったトラブル事例を調査・発表し、対策や正しい工法を共有して行きましょうと言う主旨で開催されました。

上の写真のように、住宅造りに真剣に取り組んでいる全国の工務店さんが集まってきており、この問題がいかに切迫しており重要であるかと言う事を再認識いたしました。

一般に、結露と言いますと「サッシ・ガラスが濡れていて...」と言われる方が多いのですが、本当に怖いのは壁の中の結露なんです!
目に見える結露は拭く事ができますが、壁の中は見えないので大変な事になっているケースが多いのです。

毎日、結露して壁の中が濡れた状態が続くと、カビが発生し、それを食べるダニも増殖し、そのダニの糞が原因でいろいろな病気アレルギーの原因にもなると言われています。

当然、湿気が多ければ壁の中の木材も腐食しますし、白アリも好む環境となります。
寒冷地では、新築して1年も経ってないのに壁の中がボロボロになってた言う事例は珍しくはないそうです。オーバーに言ったり脅かしている訳ではないですよ。(笑)

矢野の家づくり日記

街中でも景観が楽しめ、家族が末永く健康で快適に暮らせる家、K様邸の着工が決まりました! 16年04月09日

kawanopa-suorenji2.jpg

昨年、私どもの完成内覧会にお出で頂き、その後も、幾度かの完成内覧会や構造見学会にもお出で頂いておりましたK様邸の着工が決まりました!

K様邸は、宮崎市中西町の住宅街の中にあり、敷地は68坪と街の中では丁度良いくらいの広さで2階建ての床面積40.8坪となっております。
3人の子供さん達と、これからの暮らしを仲良く楽しんで頂くための家になっております。

街の中と言う事もあり、少し入り込んだ場所で前面道路も狭く、周囲の家も近くに迫っており、いかに景観や開放感そしてプライベートな空間を確保するかが課題だったのですが、K様とご相談した上でリビングやバスなどを2階で提案させて頂きました。

周囲の家が平屋が多かった事や隣地の2階部分とずらした位置にリビングを持ってきた事もあり、海まで見渡せるような素晴らしい眺望と、人の目を気にせずゆっくりとくつろげる空間が実現いたしました
リビングの天井を屋根勾配とし広いロフトも設け、明るく開放感のある大空間となった事にも大変喜んで頂いております。

土地の登記が終わり次第、今月末からでも着工が出来ますよう準備を進めているところです。
秋に完成の予定で、今までとは全く違った別次元の新しい生活が始まります。
楽しみにしていて下さいね!(笑)

矢野の家づくり日記

今、私がもっとも尊敬できると思う建築家、手塚さんのセミナーに行ってきました! 16年03月31日

tezukasemina2.jpg

先日、宮崎県木材協同組合連合会主催のセミナー「木造住宅セミナー:木を木として使う」が宮日会館ホールであり行ってきました。講師は、たまたま私も見ておりましたテレビの「情熱大陸」やNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」でも取り上げられた手塚貴晴氏でしたので楽しみにしておりました!

tezukasemina3.jpg

上の写真が、手塚氏の代表作であり数多くの賞を受賞した「ふじようちえん」なのですが、幼稚園では誰もが考えないような面白い形をしてますよね。
私が感銘したのは、もともとあった木々を活かして自然と共生している事、
建築基準法の規制の多い中で木材を多用している事、
屋根の上をウッドデッキとし子供たちが安全に元気に走り回れるようにしている事、
外観の形状がが円形で見た目にも優しさを感じる事、
室内部分も子供達に元気に自由にに育って欲しいと言う想いが伝わってくるようなプランやデザインになっている事などなどでしょうか。

過去のイベントレポート

新しく誕生した家族と、健康で快適に暮らしを楽しめる家、K様邸の「断熱及び構造そして気密試験の一般公開」を行いました! 16年03月27日

3月26日(土)に宮崎市佐土原町で工事を進めておりますK様邸にて「断熱及び構造そして気密試験の一般公開」を行いました。
気密試験とは、分かりやすく言いますとスキマ風が入らないかどうかを測定するもので、下の写真の機械を使って室内の空気を排出し減圧していき、外の気圧と室内の気圧差を測定し算出していきます。
どんなに高価で性能の良い断熱材を使っていても、外部の空気がスースーと家の中に入ってきたら、暖かくもないし、涼しくもないですよね。(笑)

kuranagakimitu2016.03.26 001.jpg

試験には、今回も「パッシブソーラーハウスの達人」である大分県の住環境プランニングの佐々木社長に実施して頂きました。
佐々木社長は、最近はメガソーラーの相談や設置にも西日本を中心に飛び回っておられるのですが、そのお忙しい中、イズムさんのためにと来て頂きました。
このようなパッシブソーラーの家造りが好きで関わっていたいと言うエンジニア気質だけで、殆ど利益度外視で来て頂いているのですが、本当に好きなんですよねぇ。(笑)

kuranagakimitu12016.03.26 018.jpg

今回も、前回に引き続き多くの見学希望の方にお出で頂きました。毎回行なってはおりますが、大事なポイントをきちんと分かりやすく皆さんにお伝え出来ただろうか?と常に反省ばかりしております。(汗)
地味なイベントではありますが、完成してからでは見えなくなる部分であり、家の重要なところでもある構造や断熱・気密に興味を持って頂ける方が増えてきた事は大変嬉しく思っております。

最新イベント・見学会情報

新しく誕生した家族と、健康で快適に暮らしを楽しめる家、K様邸の「断熱及び構造そして気密試験の一般公開」を行います! 16年03月19日

宮崎市佐土原町で、工事を進めておりましたK様邸断熱・気密工事が完了し、社内検査の一貫である「気密試験」を行うことに致しました。 

平階建ての床面積37坪で、まだお若いご夫婦と昨年誕生したばかりの幼い息子さんとで、アレルギー症化学物質過敏症などとは全く無縁に「健康」で「快適」に暮らして頂けるよう、体に優しい自然素材を使い、さらに地熱を利用した高気密・高断熱のこだわりの健康住宅になっております。

kuranagadannetu4 001.jpg

真冬の寒い時期でも、エアコンは使わず安い深夜電力利用の蓄熱暖房機1台24時間暖房となり夜中でも暖かく家全体が快適になります。

夏の猛暑の時期でも28℃設定エアコン1台家全体が木陰のような涼しさで快適に過ごせますので熱帯夜など全く関係なく夜も熟睡できます!

kuranagagaikan3 018.jpg

朝、起きる時お風呂で裸になる時夜中にトイレに起きる時など、寒いとか暑いとかの思いをせずに一生涯暮らす事ができますよ!
今までの木造住宅での生活とは全く違ったスタイルになります。

周りの木造住宅とは全く違う「何故?そうなるの」を皆様に少しでも分かって頂きたく、
今回の一般公開とさせて頂く事に致しました。

開 催 日 : 2016年 3月 26日(土) 

開催時間  : PM1:00 気密試験開始予定 (所要時間は30分くらい)

開催場所  : 宮崎市佐土原町下田島19906-6(佐土原駅近く,東側方面)

お申込み方 : 「完全予約制」 ホームページ、メール、FAX、お電話

過去のイベントレポート

平和台の麓に建つ、折り返しの人生を快適にそして楽しめる家、W様邸の「断熱及び構造そして気密試験」の一般公開を行いました! 16年03月13日

3月12日(土)に宮崎市下北町で工事を進めておりますW様邸にて「断熱及び構造そして気密試験の一般公開」を行いました。
試験には、今回も「パッシブソーラーハウスの達人」である大分県の住環境プランニングの
佐々木社長に実施して頂きました。
最近は、メガソーラーの相談や設置に西日本を中心に飛び回っておられるのですが、そのお忙しい中、イズムさんのためにと来て頂きました。いつもありがとうございます!

watanabekimitu5 009.jpg

今回は、特に多くの見学希望の方にお出で頂いたものですから、行き届かなかった点もあったのではと心配しております。(汗)
地味なイベントではありますが、完成してからでは見えなくなる部分であり、家の重要なところでもある構造や断熱・気密に、多くの方が興味を持って頂いた事は、家造りに携わる者としては大変嬉しかったです。(笑)

watanabekimitu2 005.jpg

気密試験とは、分かりやすく言いますとスキマ風が入らないかどうかを測定するもので、上の写真の機械を使って室内の空気を排出し減圧していきます。そうして、外の気圧と室内の気圧差を測定し数値である「C値」を算出していきます。
どんなに高価で性能の良い断熱材を使っていても、外部の空気がスースーと家の中に入ってきたら、暖かくもないし、涼しくもないですよね。(笑)

最新イベント・見学会情報

平和台の麓に建つ、折り返しの人生を快適にそして楽しめる家、W様邸の「断熱及び構造そして気密試験」の一般公開のご案内! 16年02月26日

宮崎市下北方町で、工事を進めておりましたW様邸断熱・気密工事が完了し、社内検査の一貫である「気密試験」を行うことに致しました。 

2階建ての床面積37坪で、現在は最高気温がマイナスの時もあると言う札幌にお住まいのW様ご家族と、同居予定の高齢のお母さまのライフスタイルを大事に考え、これからの折り返しの人生を快適にそして楽しんで暮らして頂けるよう、こだわりの自然素材を使い温熱・湿度環境まで考えぬいた高気密・高断熱健康住宅になっております。  

yanedannetu 004.jpg

真冬の寒い時期でも、エアコンは使わず安い深夜電力利用の蓄熱暖房機1台24時間暖房となり夜中でも暖かく家全体が快適になります。

夏の猛暑の時期でも28℃設定エアコン1台家全体が木陰のような涼しさで快適に過ごせますので熱帯夜など全く関係なく夜も熟睡できます!

watanabedannetu2 006.jpg

朝、起きる時お風呂で裸になる時夜中にトイレに起きる時など、寒いとか暑いとかの思いをせずに一生涯暮らす事ができますよ!
今までの木造住宅での生活とは全く違ったスタイルになります。

周りの木造住宅とは全く違う「何故?そうなるの」を皆様に少しでも分かって頂きたく、
今回の一般公開とさせて頂く事に致しました。

開 催 日 : 2016年 3月 12日(土) 

開催時間  : PM1:00 気密試験開始予定 (所要時間は30分くらい)

開催場所  : 宮崎市下北方町下郷 6010-3(平和台線 大宮中入口バス亭近く)

お申込み方 : 「完全予約制」 ホームページ、メール、FAX、お電話

※今回、ご都合の悪い方は3月26日(土)に佐土原駅近くでも予定しております。
  改めてご案内いたしますので、是非、ご参加ください!

矢野の家づくり日記

新しく誕生した家族と、健康で快適に、暮らしを楽しめる家、K様邸の上棟式が行われました! 16年02月19日

kuranagatatekata 008.jpg

先月より、宮崎市佐土原町下田島で工事を進めておりましたK様邸上棟式が2月13日の良き日に行われました。
K様邸は、敷地約100坪、平屋建の床面積37坪となっております。

木材の建て方は上棟式の日取りに合わせて数日前より行うのですが、寒も少しは和らぎお天気にも恵まれ良い建方日和でございました。

kuranagayanesimai 004.jpg

前を通られるご近所の方々が「大きな家ですね、木材も大きくて周りとちょっと違いますね」と言われますので、37坪だとお話しすると大変驚いておられました。
深軒で、軒が一般の家とすると倍くらい出ているのもあると思いますし、K様のお宅は特に家の形状が出入りが多く複雑なのもあるのかも知れませんね。

最新イベント・見学会情報

寒い冬だから体感して欲しい!体感住宅モデルハウスのご案内!! 16年01月03日

明けましておめでとうございます。今年も、よろしくお願いいたします。
良いお正月を迎えられましたでしょうか。 
私は大好物のお雑煮の食べ過ぎでお腹周りがふっくらとしてきたように思います。(笑)

taikansotodekki 054.jpg

例年としますと、エルニーニョの影響でしょうか暖かい日が多かったように思いますが、
やはり朝夕は冷え込みますし、これから2月にかけては寒さも厳しくなるようです。

そこで、これからの寒い時期だからこそ、私どもの体感住宅モデルハウスに、お出で頂き
たいと思っております!
夏にお出でになり夏の涼しさを体感された方も、今度は是非、他の家とはちょっと違った
「冬の優しい暖かさ」を体感されてみませんか!

taikanfukinuke 066.jpg

各会社さんでいろいろな工法があり、全館空調システムで大がかりな機器を利用したり、
「ゼロエネルギー住宅」と言って太陽光発電や蓄電池を併用したりとございますが、
家のローンって35年くらいですよね?
機械って壊れる事もありますし寿命もありますが、何年くらいかご存知ですか?

私どもの地熱活用住宅でしたらゼロエネルギーどころかマイナスエネルギーになりますが、
オール電化で月の電気代が6000円~8000円くらいの家でも、数百万の太陽光発電シス
テムを付けた方が本当にお得?

私どもは、丁寧で緻密な作業を積み重ね「ハイブリッドな高性能な家」にする事により、
出来るだけ機械に頼らずエコで快適な室内環境作りを目指しています。

0120-65-9575
0985-89-3142
0985-89-3143

一番上へ戻る