九州宮崎で外断熱の木の家、冬暖かく夏涼しい健康住宅を建てる工務店
注文住宅・家造りの参考にモデルハウスにも是非足を運んでください

0120-65-9575
TEL 0985-89-3142
FAX 0985-89-3143

矢野の家づくり日記

幼い子供達のため室内の空気環境や快適性を大事に考えた健康住宅、O様邸の上棟式を行いました! 18年06月18日

先月より、宮崎市吉村町江田原で工事を進めておりましたO様邸上棟式が6月16日(土)の良き日に執り行われました。O様邸は、敷地面積約68.4坪平屋建の床面積33坪となっております。

DSC01561.jpg

梅雨時期の中での「建て方」及び「上棟式」だったのですが、お天気に恵まれ順調に進める事が出来ました。上の画像のように、大工さん達は12cmの幅の木材の上を材料を担いでさっそうと歩いておりますが、ベテランの職人さんならではですね。

DSC01567.jpg

私どもの使用している木材は、一般的に良く使われているKD材(人口乾燥材)と違い、自然乾燥材油分を多く含んでいるため「木の香りが強く長持ちする」、「木材特有のしなりが残っており強度も強く地震の揺れにも強い」、「自然の殺菌効果もあるため人の体にも良い影響がある」などなど色々な良い事があるんですよ!
何にもまして、杉材特有の赤味部分の色がとっても綺麗で、気持ちもなごみます。(笑)

スタッフ日記

さらなる温暖化に備えて!! 18年06月13日

ここ数年、温暖化の影響で夏場の最高気温が35℃を超す日が当たり前のようになってきました。
かと言って冬が暖かくなる訳でもなく、寒波の影響でマイナスの日が増え、農作物にも打撃を受けて野菜高騰が続いた日々もありました ( > < )

このような気温の変化に対応すべく、更にこれからの暑い夏に向けてお施主様がより涼しく快適に過ごせるためには、家の性能も上げていくべきだと私どもは考えました。
その取り組みの方法として、今年から3つの部材の性能をグレードアップすることにいたしました。

恩田様邸断熱状況2017.02.10 007.jpg

まずは屋根・壁の断熱材ですが、これまでも「高性能フェノール系ボード」を使用しておりましたが、さらに従来よりも厚みを10mm以上厚くし、性能アップいたしました。
これにより更に外気の影響を受けにくくし、室内の快適な温度も外に逃げにくくなります。

次に、窓サッシも従来の「アルミと樹脂の複合サッシ」から「高性能の樹脂サッシ」へグレードアップいたしました。

1188_13sankyo.jpg

樹脂サッシ断熱性が高く冬場は冷気が、夏場は熱気が室内に伝わりにくくなります。
そのため、冬場の外気との温度差によって生じる結露にも悩まされずに済みます。
結露を防止することで、カビ・ダニの発生を防ぐことにも繋がります。
気密性にも優れていますので、外部の音が室内に侵入したり、家の中の音が外に漏れたりすることを防ぐため、断熱だけでなく遮音にも効果を発揮します。

スタッフ日記

癒しの和の家が・・・ 18年06月08日

064.jpg

和室・・・いいですよね~♪和はホッとします。
そして日本人はやっぱり畳で寝転がりたいものです。

でも・・・梅雨時期の畳のカビダニが心配・・・。

以前、私が住んでいた家にも和室がありました。

毎日掃除していても梅雨時期には困ることが・・・。
それは、雨期ならではの湿度の高さです。
多湿は実際の気温よりも体感温度が上がり、不快で体調もすぐれなくなります。
そして身体の不調だけでなく、癒しである和室の畳に恐怖のカビを発生させる原因にもなります。

その当時の我が家の和室がある日突然!
「いつもよりも緑色に見える・・・」

ん?なんだろう??

8513701.jpg

!!( * o * ) !( * o * ) !( * o * )!!

・・・それは紛れもなくカビの発生でした( > < )

慌てて固く絞った雑巾で隅から隅まで拭いて、その後は扇風機とエアコンの除湿で和室を丸一日乾燥させる・・・
といったドキドキハラハラの一日の苦労を思い出しました!

その苦労が今では遠い昔のようです ( ^ o ^ )
なぜなら、塗り壁である「幻の漆喰」や「木の家」そして「竹炭入り清活畳」(せいかつだたみ)にしてから、本当にカビが発生しないからです♪

あの「ある日突然、畳が緑~~~!」という恐怖に怯えることのない梅雨時期を、
何事もなく快適に暮らせていることに感謝してます ♪ ( ^ ^ ) ♪

tatami.jpg

「竹炭入り清活畳」(せいかつだたみ)の詳細についてはこちら♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.ismhome.jp/persistence/pers01.html





 DSC02855.jpg(スタッフの川俣です)

スタッフ日記

海から生まれる自然素材、癒しの漆喰の壁 18年06月01日

早いもので今日から6月が始まりました。そして本格的に梅雨時期にも入りましたね。
これからの季節は湿度が高くなり、蒸し蒸しと不快になります。。。
家中の床もベタベタ、外からの黄砂や降灰でザラザラ(> <)
そして何よりもカビが怖い存在でもあります。

そんな時、自然素材幻の漆喰の塗り壁だと調湿効果抜群なので、年間を通して湿度は50~70%!カビの発生の心配もありません。
嫌な臭い様々な化学物質、有害物質吸着・分解しますので、何年経っても生活臭がなく安心した快適な暮らしが送れます。

この「幻の漆喰」の詳細はこちらにて説明しておりますので、是非ご覧くださいませ ( ^ ^ )
↓ ↓ ↓
https://www.ismhome.jp/persistence/pers02.html

img-sikkui01.jpgpht04.jpg

漆喰の塗り壁の魅力は、その作用や効果だけではありません。
塗り壁ならではの、優しい風合い気持ちの良い手触り、、、左官職人が仕上げる壁の模様はすべて「手仕事」です。

左官トリミング.jpg

そして夜になると、照明などに照らされた塗り壁は「癒される柔らかさ温かさ」を演出してくれます。

この「海から生まれる健康素材。癒しの幻の漆喰の壁」を私共のモデルハウスにてご体感されてみませんか?
↓ ↓ ↓
https://www.ismhome.jp/modelhouse/

お時間がなくてモデルハウスになかなか来られない方は、資料請求もございます。
↓ ↓ ↓
https://www.ismhome.jp/contact/catalog.html


自然素材
家づくり注文住宅はどうぞご相談くださいませ。



 DSC02855.jpg(スタッフの川俣です)

矢野の家づくり日記

眺望を楽しむための大きなバルコニーのある「塗り壁」と「木」で造る健康住宅、N様邸の着工が決まりました! 18年05月23日

DSC01455.jpg

今年の2月に、私どもの「体感住宅モデルハウス」にお出でになり、その後、お話を進めておりましたN様邸の着工が決まりました。
N様邸は、ご夫婦とお子様お二人のご家族で暮らされる2階建ての37坪となっており、宮崎市下北方町の大淀川学習館裏手の高台にある大変見晴らしの良い場所にございます。

DSC01451.jpg

N様とは、10年くらい前に街中にある「カリーノ」の3階に大きな店舗のデザイン・施工をする機会がありまして、その時の会社様の担当をされておりお世話になりました。
ですので、建築・設備関係の知識はお詳しくプロに近いレベルでございます。

家造りを考え始め、奥様と「ハウスメーカー」さんや多くの工務店さんのモデルハウスなどを周られてきたそうなのですが、奥様が気に入られる会社さんがなくて半分、あきらめかけていたところで、私の事を思い出し「体感住宅モデルハウス」訪ねて来られたそうです。
初めてのご来場ですぐに、奥様に気に入って頂き、「イズムさんの家だったら住んでみたい」との言葉で、即、私どもに決めて頂きました!

スタッフ日記

衣替えに防虫剤が要らない? 18年05月15日

5月も半ばに差し掛かり、急に暑くなったと思えば寒くなったり、この寒暖差でみなさん体調崩されてないでしょうか?
この時期は衣替えのシーズンでもありますね。
先日、我が家も衣替えを済ませたところです。
そこでふと思ったのですが、防虫剤や防カビ剤をここ数年使ってないことに気づきました。

以前、住んでいた家は合板のフローリングにクロスの壁紙、いわゆる新建材の住宅でした。もちろん押入れやクローゼットもベニヤの合板です。
衣替えの時に、防虫剤を入れてないと虫食いにやられたり、革製品や合皮のカバンはカビだらけ(> <)
なぜ押入れやクローゼット内に虫食いやカビ、嫌な臭いが発生するのでしょう?

ベニヤ合板とは、薄く切った単板(ベニヤ)を重ねて接着したものだそうです。

300px-Spruce_plywood.jpg

このベニヤ合板やクロスの壁紙を張る際の接着剤などには、発がん性物質とも言われるホルムアルデヒドなどの化学物質が含まれているそうです。
これは家具・キッチンセットなども同様みたいです。。。

ベニヤ合板は調湿が出来ないので、カビや虫食いの発生の原因にも繋がるとのことです。
そしてこの接着剤から化学物質が揮発するため、独特な臭いがしたり、シックハウスの要因にもなるのです(> <)怖い!

実際に以前の我が家では、春~夏の半年間は常に湿度が高く、梅雨時期はベタベタしていて素足で室内を歩くのがとても不快でした。
身体も不調続きとなり、病院通いが増えたことで医療費も相当かかってしまう羽目に...(> <) 泣...
身をもってこの「シックハウス」による大変な思いを経験した私は、「自然素材を使った健康住宅の大切さ」を知ることになったのです。

08070962_FHD.jpgpht04 (1).jpgudukuri1_0059.jpg

自然素材の「音響熟成木材」の詳細はこちらから↓
https://www.ismhome.jp/persistence/pers03.html 

今では押し入れもクローゼットも自然素材の天然の杉材
優しい木の香りと杉の調湿のお陰で虫食いもカビも全く発生しておりません ^ ^
長引いていた咳や手足の冷えも完全に治りました♪

054.jpg   008.jpg

「人が一番安らげる場所=マイホーム」で、皆さんが本当に健康で幸せに暮らせていけますように。。。

少しでもこの思いが皆さまに伝わることが出来ましたら、幸いでございます m( _ _ )m

身体と心に優しい癒しを与えてくれる、真の自然素材健康住宅を体感されてみたい方はこちらから♪↓
https://www.ismhome.jp/modelhouse/

                                                  DSC02855.jpg(スタッフの川俣です)

矢野の家づくり日記

これから「自然素材」そして「木の家造り」を考えている方に向けた「お客様の声」を頂きました! 18年05月01日

satateiitinenntennkenn 006.jpg

平成28年12月にお引渡しいたしました宮崎市大王町S様より、私どもと出会うまでの事や、1年半住んでみて思い、感じられた事などまとめられたものをメールにて頂きました。

これは、家造りに際して「資金計画などの不安」~「土地探し」~「工務店の選択」~「自分たちにとっての理想の家とは?」などなどいろいろ悩まれた事などあったと思いますが、これから家造りを考えておられる方にアドバイスや苦労話をお願いします」とお話ししておりそれに快く応じて頂いたものです。

結構な長文になっており、新年度に入りお忙しい時期にも関わらず、真剣に考えて頂き時間もかけられたのではと深く感謝しております。せっかくですので、S様のご了解を得まして原文ほぼそのままを「お客様の声」にアップさせて頂いております。

「お客様の声」はこちらをクリックしてください
       ↓ ↓ ↓
https://www.ismhome.jp/voice/voice12.html

矢野の家づくり日記

幼い子供達のため室内の空気環境や快適性を大事に考えた健康住宅、O様邸の着工が決まりました! 18年04月27日

幾度なく私どもの「完成内覧会」や「体感住宅モデルハウス」にお出で頂き、今年の初めよりお話を進めておりましたO様邸の着工が決まりました。

O様邸は、ご夫婦とまだ小さなお子様お一人、そして秋にはおめでたい事に新しいご家族が増える予定でございまして、南面に明るい高窓のある平屋建ての33坪となっております。
宮崎市吉村町の住宅街にあり買い物などにも大変便利の良い場所にございます。

DSC01427.jpg

これまでに、いろいろなハウスメーカーさんや工務店さんなどを周られ、かなり勉強もされ知識も豊富なO様が、これから40年~50年以上も住むことになる家の大事さなどを考えられた上で、私どもに託して頂いた事は大変嬉しく思っております。

家族みんなが健康でさえあれば、頑張る事も、また楽しく過ごせる事も出来る、そういう事が考えられる家造りを提案していきたい。
私自身、年を重ねるごとに、ますますそういう想いが強くなってきました。(笑)

大きな地震でも安心出来て、猛暑の夏でも寒波の寒さの中でも24時間常に快適に、自然素材の力で家全体が爽やかなアロマの香りが感じられる、そんな人に優しいイズムの家造りを気に入って頂き感謝しております。

これから、5か月間、長いようで短く感じる家造りが始まります。
施主様と造り手とが力を合わてこそ初めて「良い家」が完成いたします、よろしくお願いいたします!

矢野の家づくり日記

家族を想い「健康」や「快適」さなど「躰に優しい」を大事に考えた家、M様邸の着工が決まりました! 18年04月22日

DSC01423.jpg

昨年の秋に、私どもの「体感住宅モデルハウス」にお出でになり、その後、お話を進めておりましたM様邸の着工が決まりました。

M様邸は、ご夫婦とまだ小さなお子様お一人のご家族で暮らされる平屋建ての37.3坪となっており、宮崎市田野町あけぼの地区の鰐塚山の麓の自然に囲まれた大変見晴らしの良い場所にございます。

DSC01424.jpg

ご夫婦とも医療関係のお仕事に携われている事から、、夏・冬を問わず家全体温度湿度とも安定してストレスフリーで快適である事、水よりも体の健康に影響すると言われている家の中の空気環境が機械に頼らずとも永年暮らしていても無臭爽やかである事なども大事に考え、私どもに託して頂いたように思います。
しかし、一番のきっかけは、体感住宅モデルハウスにご来場頂いた時、子供さんが気持ち良さそうに床に寝転がっているのをご覧になってとの事みたいですね。(笑)

スタッフ日記

ヒートショックを起こさない「一年中快適なお家」Part 2 18年04月17日

前回のPart 1の続きにまいりたいと思います。

「家の中の急激な温度差」を解決する方法とは。。。
イズムでは、自然素材の力と建物の性能を上げることにより、家全体の温度差をなくす工法を取り入れております。

IMGL8579.jpg

トイレも洗面所も廊下も玄関もそれぞれに冷暖房器を設置するということではなく、ひと部屋ぶんの冷暖房費家全体365日、一年中快適な生活が送れる家づくりをイズムは手がけております。
それを可能にした工法の一つが、地熱を利用した高性能で施工精度の良い「高断熱・高気密」住宅なのです。

image_yukashita.gif


上記の図をご覧になってください。

「夏の暑さを冬の暖かさに、冬の寒さを夏の涼しさに活かす」という地中の熱の力を活用した、「地中熱活用住宅」という工法です。
さらに、この工法を活かすためのもう一つ重要な役目を果たすのが「完全外断熱工法」です。

この続きは、冊子の「ヒートショックを起こさない一年中快適な【温度バリアフリー住宅】とは?」に載せています。

もっと詳しくお知りになりたい方は、実際にご自身で体感されてみませんか(^^)
モデルハウス体感のお申し込みはこちらまで
      ↓ ↓ ↓
https://www.ismhome.jp/modelhouse/


どうしてもお時間のない方のために...資料請求はこちらから
      ↓ ↓ ↓
https://www.ismhome.jp/contact/catalog.html

次は、家庭内事故と共に深刻な問題でもあります「シックハウス」についてです。
イズムがこだわって取り入れております「自然素材の健康住宅」のご説明は次の機会に掲載したいと思います。

0120-65-9575
0985-89-3142
0985-89-3143

HOMEへ戻る

一番上へ戻る