九州宮崎で外断熱の木の家、冬暖かく夏涼しい健康住宅を建てる工務店
注文住宅・家造りの参考にモデルハウスにも是非足を運んでください

0120-65-9575
TEL 0985-89-3142
FAX 0985-89-3143

最新イベント・見学会情報

家族のために快適性、優しい空気感、安心の構造と全てにこだわる家、M様邸の「構造及び断熱そして気密試験」の一般公開です! 20年05月16日

都城市郡元にて工事を進めておりましたM様邸の断熱・気密工事が完了し、社内検査の一貫である「気密試験」を行うことに致しました。
M様邸は平屋建の床面積33で、ご夫婦とまだ小さなお子様二人のご家族で住まわれるお宅になります。
大地震がきても家族の大事な命を守れるよう長期優良住宅の耐震基準を満たした住宅で、さらに地中熱利用の高気密・高断熱のこだわりの高性能住宅になっております。

IMG_5689.jpg

梅雨時でも塗り壁などの自然素材の調湿効果でベタベタすることなく、室内はサラッとした爽やかな空間に包まれます。
また、年々厳しさを増す夏の猛暑の時期でも、27℃~28℃設定エアコン1台家全体が木陰のような涼しさで快適に過ごせますので熱帯夜でも関係なく熟睡できます!

IMG_5681.jpg

真冬の極寒の時期でも、エアコンは使わず、深夜電力利用の蓄熱暖房機1台で24時間家全体自然な優しい暖かさに包まれますので、朝起きる時、お風呂で裸になる時、夜中にトイレに起きる時など、寒い思いをせずに一生涯暮らす事ができます!

IMG_5674.jpg

家が完成してからでは隠れてしまう「構造」や「断熱・気密」について、イズムのこだわりを皆様に少しでも分かって頂きたく、一般公開とさせて頂く事に致しました。

『構造』というと難しいイメージを持たれるかもしれませんが、できるだけかみ砕いた説明を心がけておりますので、どうぞお気軽にお越しください(^^♪

開 催 日 :2020年 5月 23日(土) 

開催時間  :13:00 気密試験開始予定 (所要時間:約30分)

開催場所  :都城市郡元4丁目6-2

お申込方法 :「完全予約制」につき HP(↓申込ホーム)、Mail、TEL、公式LINEよりご予約ください

矢野の家づくり日記

家の温熱環境、耐震性能そして自然素材である木材や塗り壁まで本物にこだわった、T様邸の地鎮祭が行われました。 20年05月15日

先日、着工のお知らせをしておりました宮崎市江南T様邸地鎮祭が、5月14日(木)の良き日に大塚神社の祭主様によりつつがなく執り行われました。

IMG_1456.jpg

雲一つない五月晴れに恵まれ、幸先よく「工事の安全完成」そして「家の繁栄」と「ご家族の健康」を祈願することが出来ました。

鶴岡様_地鎮祭2.JPG

新居の完成を楽しみにしてくれている長男のK君ですが、学校の登校日と重なり「やっぱりお友達に会いたい」との事で、参列がかないませんでした。
ただ、大好きな家なので、前日に一人で祈願に来てくれたそうです。本当にお利口さんなんです!!

鶴岡様_こうちゃん.jpg

矢野の家づくり日記

新たな人生をお二人仲良く健康で生活を楽しむために木と塗り壁で造る人に優しい家、H様邸の気密試験を行いました! 20年05月10日

宮崎市新別府町で、工事を進めておりましたH様邸の「断熱・気密工事」が完了し、社内検査の一貫である「気密試験」を行いました。
本来でしたら、他では見る事の出来ない外熱断大きな木材を使った耐震構造そして気密試験の様子などを知って頂きたく「一般公開」とさせて頂いていたのですが、今回まではコロナでの影響を考慮し施主様ご夫妻立ち合いの下で関係者のみで実施いたしました。

IMG_1367.jpg

見学のご希望を頂いておりましたお客様には、本当に申し訳ありませんでした。(汗)
次回は、5月23日都城市で「断熱及び構造そして気密試験の一般公開」を予定しておりますので、皆様のご参加をお待ちしております。

IMG_5633.jpg

H様邸は、平屋の床面積31で、熊本大地震のような時でも大事な家族の生命を守れるよう「長期優良住宅仕様」になっており、さらに地中熱利用の高気密・高断熱のこだわりの高性能住宅になっております。

矢野の家づくり日記

家の温熱環境、耐震性能そして自然素材である木材や塗り壁まで本物にこだわった、T様邸の着工が決まりました! 20年05月05日

数年前に完成内覧会に一度お出で頂き、その後、「体感住宅モデルハウス」や数多くの「完成内覧会」、「構造見学会及び気密試験の一般公開」にもお出で頂いておりましたT様邸の着工が決まりました!

T様邸は、ご夫婦とまだまだ小さく元気な男の子2人の4人家族で住まわれる敷地100坪平屋建ての床面積33.4となっております。

場所は、宮崎市江南2丁目の高台にあり、目の前にはバス停や広い公園などがある大変便利な立地となっております。

鶴岡様邸パース04.10.jpg

T様は、家造りに関しまして大変な勉強家で職場の同僚の方には建築のプロも多数おられる事から、怒涛のようなご希望、質問!疑問!確認!などがあったのですが、ゆえに私どもの家の良さがより以上に分かって頂けたのかなと思っております。(笑)

住まわれるご家族のために、年間を通して快適に、自然素材の恩恵で健康に、大きな地震でも安全に、年を重ねても使いやすい動線収納、永年にわたりメンテナンス費用の軽減など考え、私どもも常に勉強し、新しい素材の発見や工法にも取り組んでいかねばなりません。

そして大事なことは、やはり施主様の協力であり、力を合わせる事だと思っております。
これから家造りが始まりますが、よろしくお願いいたします!

矢野の家づくり日記

高気密・高断熱で快適性を、木と塗り壁の自然素材で空気の優しさや健康を、U様邸の気密試験を行いました! 20年04月26日

今年、2月より宮崎市田野町で工事を進めておりました様邸の「断熱・気密工事」が完了し、社内検査の一貫である「気密試験」を行いました!

IMG_5443.jpg

本来でしたら、他では見る事の出来ない外熱断大きな木材を使った構造そして気密試験の様子などを知って頂きたく「一般公開」とさせて頂いていたのですが、今回、コロナでの影響を考慮し施主様立ち合いの下で関係者のみで実施いたしました。

IMG_5350.jpg

U様邸は、ご夫婦そしてまだまだ小さな娘さんお二人で暮らされる平屋の床面積30.6大地震の時でも大事な家族の生命を守れるよう今回も耐震性能にもこだわった高気密・高断熱の高性能住宅になっております。

IMG_5497.jpg

スタッフ日記

新型コロナウイルスの影響で、お家時間が増えましたね。健康について日頃から意識しなくてはと考えさせられます。 20年04月24日

コロナウイルスの影響で不穏な日々をお過ごしかと思います。
皆さま十分に実行されていることと思いますが、
「3密」を避け、手洗い除菌を十分に行い、健康に過ごしましょうね
IMG_E1129_resize (2).jpg
イズムが使う「幻の漆喰」の公式サイト(KAIKENさん)には、
下記のような効果が記載されています。

幻の漆喰_効果 (2).png
参考サイト:
http://www.e-kaiken.com/product/maborosi/shiru/

幻の漆喰は、赤貝や海藻などの天然素材のみで造られており、
「光と熱」に反応して半永久的クリーンな空気を作ってくれる優れものです!
幻の漆喰 (1).png
確かに、モデルハウスや訪問したお客様のお宅で、生活臭が気になったことはありません。
コロナ撃退とまでは難しいでしょうが、この状況下で天然素材の中で過ごす事ができる
安心感は何物にも代えがたいですね♪

アトピーやハウスシックにお悩みの方にも、ぜひおすすめ致します!
体感モデルハウスは随時受付中。→https://www.ismhome.jp/modelhouse/

矢野の家づくり日記

新たな人生をお二人仲良く健康に、生活を楽しむために木と塗り壁で造る人に優しい家、H様邸の上棟式を行いました! 20年04月17日

IMG_5256.jpg

3月より工事を進めておりました宮崎市新別府町H様邸上棟式が、4月7日(火)の良き日に執り行われました。
H様邸は、ご夫婦とも県外のご出身でございますが、宮崎での第二の新しい人生を楽しむための平屋31坪となっております。

IMG_5239.jpg

建て方当日は、お天気にも恵まれ爽やかな青空の中で安全かつ順調に作業を進めることが出来ました。
画像の、大工さんが乗っている木材は幅が12cmしかないのですが、その上をスタスタ歩いたり木材を持ったりして作業をしております。さすが職人さんですよね。
IMG_5219.jpg

神事が終わっての恒例になっております記念の集合写真です。
お二人が、これからの新しい人生を「健康・快適」で永~く楽しめるような家造りを目指しますので、これからもよろしくお願いいたします!

IMG_5281.jpg

矢野の家づくり日記

高気密・高断熱で快適性を、木と塗り壁の自然素材で空気の優しさを!U様邸の上棟式を行いました! 20年04月09日

IMG_5098.jpg

2月より工事を進めておりました宮崎市田野町U様邸上棟式が、3月28日(土)の良き日に執り行われました。

IMG_5091.jpg

クレーン車を使っての建て方は危険な作業になりますので、ベテランの大工さんでも、一番、神経を使う時なのですが、お天気に恵まれ遠くの田野の山々まできれいに見渡す事が出来て気持ち良く仕事が出来ていたようでした。

IMG_5189.jpg

ただ、上棟式当日は朝より雨で、「せんぐ撒き」を予定していたこともあり、U様や私の夕方には雨が止んでくれないか?!との切ない思いも空しく結構な雨が降っておりました。(泣)

ご主人のU様は関西のご出身で「せんぐ撒き」の経験がなく楽しみにしておられましたので、どうにか出来ればと思っておりました・・・

矢野の家づくり日記

家族のために快適性、優しい空気感、安心の構造と全てにこだわる、M様邸の地鎮祭が執り行われました! 20年03月16日

着工のお知らせをしておりました都城市のM様邸の地鎮祭が、3月16日(月)の良き日に御年神社の祭主様によりつつがなく執り行われました。
M様邸は、敷地177坪、平屋建ての床面積33坪となっております。

IMG_5049.JPG

当日は、風も強く大変寒いにもかかわらず、お施主様ご家族だけでなく双方のご親族の皆さんまで集まってくださり、大変賑やかな儀式となりました(*^^*)
日頃は、とてもやんちゃな二人の息子さん達も、寒い中、身動きひとつせずとってもお利口さんでした。
やる時はやるんだ!!(笑)

IMG_5052.jpg

宮崎市内ではあまり見かけないですが、御年神社様では神主さんが自ら龍笛(リュウテキ)と呼ばれる横笛を吹かれますので、一気に厳かな空気に包まれました。

IMG_5056.jpg

スタッフ日記

知らないと損をする、基礎コンクリートと水との関係 20年03月11日

今年の冬は本当に暖かい日が多かったですね。

寒さの厳しい通常の冬であれば、晴れる日が多いそうですが

今年のような暖冬では暖かさの代償なのか、雨の日が多くなるそうです。雨.pngのサムネイル画像

雨といえば、新築中の工事現場で、基礎の中に雨水が溜まっているのを見かけることがあります。

昔の私はその光景を見た時「大丈夫なのか?」と心配になったものです

( ゚Д゚)

建築のプロにとっては常識でも、一般人にとっては誤解だらけの「コンクリート」と「水」との関係。

FacebookのスタッフPageでも少々触れましたが、今回は家づくりで最も大切な基礎工事、とりわけコンクリートと水との関係について解説したいと思います。

河野邸2012.09.20 009.jpg   

1:コンクリートが固まる仕組み 

コンクリートの施工の流れはこうなります。

一般的に生コンと呼ばれるドロドロの状態で現場に搬入

            ⇩

     クレーン車またはポンプ車で圧送

            ⇩

       型枠などに流し込み施工

            ⇩ 

施工後、時間の経過とともに固くなっていき、打設日から28日で必要な強度以上になるように設計されています。

ミキサー車.pngのサムネイル画像

生コンは、乾燥して水分がなくなることによって固くなるのではなくコンクリート材料のセメントと水の「化学反応」で固くなります。

セメントを構成する化合物が、水と反応して新しい化合物になる現象「水和反応」と言います。その時できる新しい化合物「水和物」と呼びます。

この水和物は、コンクリートの材料である砂や砂利を繋ぎとめながら、どんどん生成されて強度を増していき、水和反応が終わるまで生成され続けます。

水和反応が完全に終わるまでには何十年とかかりますが、水和反応が終わる時点での最終強度を100%とすると、生コンを練り混ぜた後、約28日で80%くらいの強度となり、その後は徐々に強度が増すことになります。

コンクリートの強度の管理が28日で行われることが多いのはこのためです。

0120-65-9575
0985-89-3142
0985-89-3143

HOMEへ戻る

一番上へ戻る