九州宮崎で外断熱の木の家、冬暖かく夏涼しい健康住宅を建てる工務店
注文住宅・家造りの参考にモデルハウスにも是非足を運んでください

0120-65-9575
TEL 0985-89-3142
FAX 0985-89-3143

後悔しない家づくりの心得

家を建てるには諸経費も必要?予算の内訳を解説します! 22年01月16日

新築を検討中の方で予算について詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。
また、新しく家を建てる際には諸経費はどのくらい必要なのでしょうか。
この記事では、費用の内訳や諸経費について紹介します。

m046.jpg

□新築を建てる際の費用の内訳を解説します!

新築を建てる際の内訳は、本体工事費用、付帯工事費用、諸費用の3つに分けられます。

はじめに本体費用とは、名前の通り建物本体を建てるためにかかる費用のことです。
注文住宅を建てるのにかかる総費用の約75〜80パーセントが本体工事費用の相場になります。
基礎工事や仮設工事、木工工事などの基礎構造づくりから、屋根や外壁の工事、ドアや窓、タイルや断熱材の取り付け、などその他諸々の工事が含まれています。
庭や駐車場、門などは含まれないので注意してください。

ハウスメーカーが表示している価格は大体、この本体工事費用だけのことが多いでしょう。
例えば、住宅価格が2500万円と表示されている場合は、本体工事費用がこの価格でその他の費用を合わせると3000万円程度になると予想されます。

次に、付帯工事費用とは、建物以外の工事にかかる費用のことです。
付帯工事費用は総費用の15〜20パーセントが相場の価格です。
庭や駐車場の設備工事、ガス管や水道管引き込み工事、エアコン等の取り付け工事などが含まれます。
もともと家があり、解体が必要な場合は解体工事費用、土地状態が分からない場合は地盤調査や地盤改良工事費用がかかってくることがあります。

本体工事費用と付帯工事費用を合わせて建築工事費用と言い、この2つはハウスメーカーによって内訳は多少異なることを把握しておきましょう。

最後に諸費用とは、建物や建物の周囲の工事にかかる費用のことです。
上記の2つを合わせた建築工事費用の5〜7パーセント程度が相場になります。
契約の手数料や印紙代、税金や家具と家電代も含まれます。
余裕を持って10パーセント程度の予算を用意しておくと良いでしょう。

□住宅の諸経費には何がある?

住宅を建てる際には、様々な諸費用がかかります。
例えば、税金としては不動産所得税、登記費用、印紙税、固定資産税、都市計画税などが挙げられます。
その他にも、設計監理料、地鎮祭、上棟式、上下水道の加入金などがあります。
それぞれややこしく手間がかかるため専門家に依頼することをおすすめします。

4457627_s.jpg

□まとめ

今回は費用の内訳や諸経費について紹介しました。
住宅を建てる際に必要になる費用を把握して、安心して家づくりの計画を立てていきましょう。
住宅に関することで何か分からないことや悩みがあれば、ぜひ当社にご相談ください。

スタッフ日記

【鏡開き】工事の安全を願って☆ 22年01月14日

気がづけば1月も半ばに入り、あっという間に1月が過ぎていきそうです。

大変遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

1月11日イズムでも鏡開きをしました。
年神様の恩恵をいただき、「無病息災」「工事の安全」を願って、奥様お手製のぜんざいを頂きました^^

お料理上手な奥様の特製ぜんざいは、上品な甘さでとっても美味しかったです。
ごちそう様でした♡ あぁ~、また食べたい♡

IMG_6699.JPG

今年も家族みんなが「笑顔」で「健康」に暮らせる「快適なイズム」の家をたくさんの方々に知っていただけるよう情報発信してまいります。

お客様とのご縁を大切に「感謝・笑顔」をモットーに頑張ってまいります!

staff / 川﨑

後悔しない家づくりの心得

住まいの気密性を高めるには?オススメの方法を紹介します! 22年01月12日

「気密性はなぜ必要なのかわからない」
「気密性を高めるにはどうすれば良いのか」
このような疑問をお持ちの方は多いでしょう。

快適な暮らしを実現する上で、気密性に関して理解しておくことは非常に重要です。
そこでこの記事では気密性が必要である理由と気密性を高める方法をご紹介します。

991.jpg

□気密性が必要である理由とは?

気密性が重要である理由は「室内を快適な温度にするため」「効率的に換気を行うため」「壁の中での結露を防ぐため」の3つです。
それぞれ詳しく解説していきますね。

まず、気密性を確保することによってコストを抑えつつ、室内を快適な温度に保てます。
気密性が低く家に隙間がたくさん存在すると、外気が室内に流れ込んできます。
そうなると暑さが厳しい夏には蒸し暑い空気が、寒さが厳しい冬には乾燥した空気が室内に侵入してきます。
これによって余分に冷暖房を使用しなければならず、光熱費がかさんでしまいます。

次に気密性を確保すると効率的に換気が行えます。
そもそも、人が生活をしていると二酸化炭素やホコリのような汚染物質が室内に充満しますよね。
これを除去するためには換気は必須です。

しかし、気密性が低く住まいのところどころに穴が開いていると換気が効率的に行えません。
汚染された空気が長期間室内に留まってしまい、健康に悪影響を与える恐れがあります。

最後に気密性が高いと壁の中での結露を防げます。
例えば乾燥が厳しい冬の場合、外とは異なり室内では多くの湿気が発生しています。
気密性が低いと湿気が隙間から壁の中や床下に侵入してしまい、木材を腐食させてしまう原因になります。

□気密性を高める簡単な方法をご紹介!

ではどのような方法で気密性を高めれば良いのでしょうか。
簡単に実践できるのは玄関ドアを「片開きドア」にすることです。
ですが、小さなお子様がいらっしゃるお宅や高齢になった時のことを考えると引き戸は、
なにかと便利ですので、ご状況によって選択することをお勧めします。
引き戸であっても断熱・気密性能にこだわった商品が出ておりますので、ご安心ください。

03.JPG

□まとめ

今回は気密性が必要である理由と気密性を高める方法をご紹介しました。
住まいの気密性を高めて、快適な暮らしを実現してくださいね。

後悔しない家づくりの心得

オススメの壁材は漆喰?概要と効果を解説します! 22年01月09日

「漆喰という単語は聞いたことがあるけれど、具体的に何なのかわからない」
「漆喰の働きを知りたい」
このように、漆喰(しっくい)に対して詳しくない方も多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では壁材としての漆喰の概要と漆喰がもたらす効果について解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

064.JPG

□漆喰とは何か?

漆喰とは、石灰を元に作った壁材です。
そしてその石灰はサンゴ礁を原料としており、自然由来の素材です。
漆喰の組成は住宅様式や気候によって変わるので、国によっては異なった印象を持つ方も多いでしょう。

□漆喰がもたらす効果をご紹介!

漆喰がもたらす効果は以下の3つです。

・時間が経っても劣化しにくい
・室内の湿度を自動的に調節してくれる
・家の耐火性が高まる

1つ目は時間が経っても劣化しにくいことです。
近年たくさんの住宅に使用されているビニールクロスは長年使っていると黄ばんだり、壁紙が剥がれてきたりしてしまいます。

そのため、定期的に張り替えをする必要があるのです。
しかし、漆喰は時間が経っても劣化しにくいと言われており、頻繁にメンテナンスする必要はありません。

2つ目は室内の湿度を自動的に調節してくれることです。
自然素材には調湿機能という働きがあります。
これは室内の湿度が高い時には湿気を吸収し、湿度が低い時には湿気を放出する機能です。
このようなメカニズムで室内の湿度を快適に保っているのです。

そして、室内が快適な湿度に保たれることで、結露を防止し、建物の耐久性を維持することにつながります。

3つ目は家の耐火性が高まることです。
自然素材は燃えやすく、耐火性が低いというイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、漆喰は不燃材料に分類されており、燃えにくい素材です。
また、万が一火災が起こっても有害なガスを発生しないので、身体へのリスクを軽減できます。

※火災時の死亡や逃げ遅れは、有害なガスを吸っての一酸化炭素中毒・窒息がほとんどです。

□幻の漆喰

当社では漆喰の中でも「幻の漆喰」と呼ばれる素材を使用しています。
「幻の漆喰」は、赤貝の殻を焼いた焼成カルシウムに、銀杏草(海藻)を煮てつくる糊と無菌水を混ぜ合わせ生成されており、今までにない新しい漆喰です。
さらに独自の「光熱触媒」作用により、室内の化学物質を吸着・分解し、住まいの空気をいつまでも清浄に保ちます。
そして、幻の漆喰はただの漆喰ではなく、他の漆喰にはない、ある効果があるのです。
それは半永久的にクリーンな生活空間に保つことができる、光触媒の効果です。
光触媒によって壁の汚れは自然に分解されます。
漆喰に興味がある方はぜひ当社にご相談ください。

しっくい.jpg

□まとめ

今回は漆喰の概要と漆喰がもたらす効果について解説しました。
漆喰にはさまざまな効果があることをお分かりいただけたと思います。
漆喰を使った家づくりでいつまでも快適に暮らせるようにしてくださいね。

後悔しない家づくりの心得

一年中快適な家にするには断熱性と気密性が重要? 22年01月05日

「一年中快適な家づくりをしたいけれど、何を意識すれば良いのかわからない」
そのような方は多いでしょう。
快適な家づくりで重要なのは「断熱性」と「気密性」です。
そこでこの記事では断熱性と気密性の概要と共に高気密高断熱住宅の魅力をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

IMG_3407.JPG

□一年中快適な家にするには断熱性と気密性が重要です!

夏には涼しく、冬には暖かい住まいを実現するには「断熱性」と「気密性」が非常に重要です。
そもそも、断熱とは熱を伝えないようにすることであり、住まいの断熱性が高いと外気の影響を受けづらくなります。

また、断熱性と共に重要なのが気密性です。
これは家に隙間を作らないようにすることであり、気密性が高いと住まいに外気が流れ込んでこないため、室内を快適な環境に保てます。

このように、快適な暮らしを実現するには断熱性と気密性が非常に重要になってくるのです。
当社に注文住宅のご依頼をしていただくと、専属の大工が高精度な施工をいたします。
住まいの基礎部分から屋根裏の細かい部分まで、全て断熱いたします。
家族の健康や快適性を重視した住まいづくりをしたい方はぜひ当社にご相談ください。

□断熱性と気密性が高いとどのような暮らしになる?

断熱性と気密性が高い住まいでは以下のようなことが期待できます。

・電気代の節約ができる
・結露やカビを防止できる

1つ目に電気代の節約ができます。
家の断熱性を高めることができれば、光熱費を削減できるようになります。
断熱性能が低いと、夏場には暑い空気が影響して、室内の温度も上昇します。

それに加えて気密性が低いと家に隙間が多くなってしまい、せっかく温度を調節した空気も外に逃げていってしまいます。
しかし、これらの性能が高ければ、余分に冷暖房を使用する必要がなくなるため、電気代の節約になるでしょう。

2つ目に結露やカビを防止できます。
断熱性能を高めることで、室温だけではなく、湿度も調節できます。
室内の湿度を一定に保つことで、結露やカビを防止できるため、衛生面から見ても安心だと言えるでしょう。

m036.jpg

□まとめ

今回は断熱性と気密性について解説しました。
高気密高断熱住宅は非常に魅力的であることをわかっていただけたでしょうか。
この記事で高気密高断熱住宅に興味を持ってくださった方はぜひ当社にご相談ください。

後悔しない家づくりの心得

木の家の良さって何?魅力を紹介します! 22年01月01日

木の家の良さを知りたいという方は少なくありません。
そこでこの記事では木の家の魅力と木の家を選んで後悔するケースをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

IMGL1752_.jpg

□木の家の良さとは?

木の家の魅力は主に以下の3つです。

 1.耐久性が高い
 2.自動で湿度を調節できる
 3.有害な化学物質が発生しない

 

  • 耐久性が高いこと

多くの方は誤解していますが、実は木材は非常に耐久性が高いのです。
実際、木材とコンクリート、岩の耐久性のテストをしたところ木材が引っ張りや圧縮、曲げに対する強度が最も高いことが分かっています。
つまり、地震や台風のような災害に対する耐久性が最も高いのが木の家なのです。

  • 自動で湿度を調節できること

自然素材には調湿作用という、室内の湿気を調整する働きがあります。
ジメジメした日には湿気を吸収、乾燥した日には湿気を放出します。
このようにして室内の湿度を快適に保ってくれるのです。

「冷暖房を使わずに快適な空間を維持したい」
そう思っている方は自然素材を使った家づくりを検討してみてはいかがでしょうか。

  • 有害な化学物質が発生しないこと

木の家では天然素材がふんだんに使用されるため、人体に悪影響を与える化学物質の発生を抑えられます。
化学物質が主な原因であるシックハウス症候群のような病気のリスクを回避できるのは非常に魅力的ではないでしょうか。

 

□木の家づくりで後悔するケースには何がある?

*見た目を優先しすぎてしまった

「住まいの見た目を優先しすぎてしまった結果、性能が悪くなってしまった」
このような失敗を経験する方がいらっしゃいます。
木材は本来断熱性が高いですが、最適な工事をしないと、気密性が低くなってしまいます。

気密性が低いということは、家の隙間が多いということ。
外からの冷たい外気によって室内が冷やされてしまう恐れがあります。
そのため、見た目だけを優先するのではなく機能性も重視しましょう。

*予算を大幅にオーバーしてしまった

高性能な住まいを建てようとするあまり、いつの間にか予算を大幅にオーバーしているケースがあります。
これだけは絶対に実現させたい、というような部分にはしっかりお金をかけて良いですが、優先順位をつけることを怠らないようにしましょう。

5613.JPG

□まとめ

今回は木の家の魅力と木の家づくりで後悔するケースをご紹介しました。
今回紹介したケースを参考に、後悔のない家づくりを進めていってくださいね。

スタッフ日記

今年もお世話になりました。#ご縁に感謝 21年12月29日

体感モデルハウスやイベント等へ足を運んで下さいましたお客様、

WebサイトやInstagramをご覧いただいた皆様、
資料請求や、たくさんのイイネ!嬉しいコメントを下さった皆様
一年間本当にありがとうございました。

多くのお客様とのご縁をいただけた事に心より感謝申し上げます。

来年も家づくりをお考えのお客様へイズムの家の良さや、

お役立ちの情報など発信していきたいと思っておりますので、

2022年も引き続きよろしくお願いいたします。

a.jpg

staff / 川﨑

矢野の家づくり日記

年末年始のご挨拶 21年12月29日

2021年も残すところあと数日となりました。

目まぐるしい変化の日々ではありましたが、多くのお客様とお会いし、良いご縁をたくさん頂きましたこと心より感謝申し上げます。

来年も、お客様とのご縁を大切に皆様の家づくりのお手伝いができるようスタッフ一丸となり

より一層尽力してまいりますので、今後とも設計工房イズムをどうぞ宜しくお願い致します。

時節柄、ご多忙のことと存じますが、くれぐれもお身体には気を付けて良いお年をお迎えくださいませ。

尚、年末年始の休業期間は下記の通りです。

【年末年始休業期間:2021年12月30日(木)~ 2021年1月4日(火)】

新年は1月5日(水)より営業開始となります。

MG_5090.jpg

°+°。°資料請求はこちらをクリック。°+°。

 

矢野の家づくり日記

高気密・高断熱の超高性能住宅。お客様の一年点検へ行ってまいりました! 21年12月28日

12月は、一年点検が「田野町」、「宮崎市」、「野尻町」、「北郷町」と4件あり、お久しぶりにお客様にお会いしてまいりました。

たの.JPG

皆さん、とても綺麗にされていて家を大事にしてくださっているのが伝わりとても嬉しく思いました。
ご家族が増えていらっしゃたり(双子ちゃんが産まれて6人家族になっていたのにはビックリ!)
お子様が小学生に進学されていたり、ご家族の成長も一緒に感じる事ができました。
何事もなく、ご家族仲良く快適に、皆さま楽しんで暮らしていらっしゃいましたので安心いたしました。

IMG_6189.JPG

お引渡しをしてから一年が経ち、四季を迎えての住み心地をお聞きすると、
夏涼しく冬暖かいので本当に一年中快適です♪」皆さま口を揃えておっしゃってくれました。
小さなお子様がいらっしゃるご家庭は、
「真冬でも家の中が暖かいので、子供は肌着で走り回り外の寒さがまったく分からなくなるくらいです!外に出て寒さにビックリして上着を取りに戻ることがよくあります(笑)」
「イズムの家に住み始めてからは風邪を引く事、風邪をもらってくる事が無くなり幼稚園や学校を休む事がなくなりました!」
と暮らし始めてからの出来事を聞かせてくださいました。

IMG_6184.JPG

イズムの家は、木と塗り壁の調湿効果で一年を通して湿度は50%前後室温も20度以上ありますので肌も喉も乾燥しません。加えて、幻の漆喰がマイナスイオンや各種ミネラル物質を発散することで副交感神経を刺激し、リラックス効果を得られます。木のいい香りにも癒され自己免疫力を高めてくれますので健康にも繋がります!!

年内最後の点検に伺った12月27日は、予報最低気温-2℃・最高気温8℃。と全国的に寒波が到来した朝でした。
お客様のお宅へ向かう道中には少し雪が残っており西風も吹いていたので外はとても寒かったのですが...
出迎えてくれたご主人は、半袖&裸足姿でした!!!
私共もさすがにビックリしました~(゚д゚)!
半袖姿のご主人に、夏と冬の部屋着の違いは何ですか?!とお尋ねすると...

IMG_6432.jpg

「長ズボン or 短パン の違いですかね?」との返事に、皆で大笑いでした!家の中が快適という証拠ですね。ご主人、ありがとうございました。

家は「完成してからが本当のおつきあいの始まり」と私共は考えております。
木の家に経年変化は付きものですし、年数を重ねるごとに味わいが増し愛着が湧いてくる家になっております。
気になる事、改善したい事などございましたら、何でもご相談下さい。
皆さま、これからも長いお付き合いをどうぞよろしくお願い致します。


~ お土産など お心遣い頂きまして本当にありがとうございました。 ~

後悔しない家づくりの心得

集成材と無垢材の特徴は?徹底比較します! 21年12月28日

「集成材と無垢材の違いがわからない」
「それぞれを比較したい」
このようにお思いの方は多いでしょう。
たしかに、両方とも木材であるため違いが分かりづらいですよね。

そこでこの記事では集成材と無垢材の違いとそれぞれの特徴をご紹介します。
この記事を家づくりの参考にしていただければ幸いです。

021.jpg

□集成材と無垢材の違いとは?

集成材とは、ノコギリなどを用いて切った木の板を乾燥させてから接着剤で接合した木材のことです。
もともとはドイツで生まれたのですが、最近は日本の家屋にも多く使用されています。
加工がしやすく、大工さんの腕によってクオリティに差が出ない点が特徴です。

一方で無垢材とは、天然の木をそのまま使った木材のことです。
伐採した木を柱や梁の形に整えて利用されています。

□それぞれのメリットをご紹介します!

ではこれらのメリットをそれぞれご紹介します。
集成材のメリットとして代表的なのが「反りが出にくいこと」です。
集成材は強度やしなやかさの異なる木材を重ねて加工しています。
そのため、強度が均等で無垢材と比較して変形しにくいです。

ただ、複数の木材を接着剤で繋ぎ合わせているので接着剤が劣化してしまうとそれに伴って集成材の強度も低下することを注意しましょう。
また、接着剤には人体に有害な物質が含まれていることもあり、シックハウス症候群の原因になってしまう恐れもあります。

一方、無垢材の特徴として代表的なのが調湿作用がある点です。
調湿作用とは室内の湿気を調節する機能のことで、空間を快適に保ってくれます。
室内がジメジメしていれば湿気を吸い取り、乾燥していれば湿気を放出します。
無垢材が室内の湿気調節を担ってくれるためいつでも快適な空間になります。

また、経年変化を楽しめる点でも無垢材は魅力的です。
天然の木ならではの質感を楽しみつつ、長年愛用することで全体的に飴色になっていき、あじが出てきます。

人体に有害な化学物質が含まれていない点も大きなメリットです。
「いつまでも健康で快適な生活を送りたい」
そのようにお考えの方は無垢材を使った家づくりをしてみてはいかがでしょうか。

323.jpg

□まとめ

今回は集成材と無垢材の比較と、それぞれの特徴について解説しました。
それぞれには違った魅力があるということをお分かりいただけたと思います。
当社では今回ご紹介した無垢材をはじめとした自然素材での家づくりに力を入れております。
自然の温もりを感じたい、そんな方はぜひ当社にご相談ください。

0120-65-9575
0985-89-3142
0985-89-3143

HOMEへ戻る

一番上へ戻る