九州宮崎で外断熱の木の家、冬暖かく夏涼しい健康住宅を建てる工務店
注文住宅・家造りの参考にモデルハウスにも是非足を運んでください

0120-65-9575
TEL 0985-89-3142
FAX 0985-89-3143

後悔しない家づくりの心得

4人家族の場合リビングの広さはどれくらい必要!詳しく解説します! 22年07月04日

「4人家族に必要なリビングの広さはどれくらいだろう」
家づくりをお考えの方なら一度は疑問に思うのではないでしょうか。
ここでは4人家族の方に必要なリビングの広さとおすすめの間取りについて解説します。
4人家族で家づくりを検討している方は必見です。

23534279_s.jpg

□4人家族の場合のリビングの広さをご紹介!

4人家族におすすめのLDKの広さは、一般的には19帖くらいと言われています。
キッチンやダイニングなども考える必要がありますが、ここでは主にリビングの広さについて解説します。

4人家族のご家庭によく採用されるL字型ソファーを置いた場合、ソファーのサイズを250cm×160cm、また壁とソファーの間のスペースを78cmとします。
テレビを快適に見るためにはテレビとソファーの距離も重要です。
40V型の画面であれば、テレビを見る人の顔との距離は150cmは必要になるでしょう。

ソファー横の人が通れるスペースは78cm以上あれば十分です。
この場合、キッチンの幅なども考えると80.5cmは確保できると思います。
今までの数字を考慮するとリビングの理想の広さは約7~8畳で、これくらいの広さならご夫婦とお子様2人がどうにかゆとりを持って生活できるでしょう。

□4人家族の家におすすめの間取りは?

4人家族のご家庭によく採用される間取りは3LDKか4LDKです。
お子様がまだ小さい場合は2LDKでも十分かもしれません。
ここではそれぞれの間取りの種類について解説します。

2LDKはキッチンとLD、洋室2つの間取りです。
この場合、洋室はそれぞれ夫婦の寝室と兄弟共有の子ども部屋になります。
子ども部屋がいらない場合は趣味部屋やしょさいなどにもできます。

3LDKはキッチンとLDに洋室3つ、もしくは洋室2つと和室1つというパターンです。
子どもが小さい場合は寝室を家族全員と同じにして、残った2部屋をフリースペースに使うと良いでしょう。
ライフスタイルによって過ごす部屋を変えられる間取りとなっています。

4LDKはキッチンとLDに加えてその他に4部屋ある間取りです。
この場合は家族全員が個室を持つことができるので、1人1人の空間を大事にして余裕のある暮らしがしたい方におすすめです。
4人家族の場合は1部屋残ると思いますが、客間や趣味部屋、テレワークのための部屋など工夫して使っていただけるでしょう。

23823900_s.jpg

□まとめ

この記事では4人家族が快適に住むためのリビングの広さについて解説しました。
4人家族の場合は7~8畳ほどのリビングの広さがあれば快適に生活していただけるでしょう。
また3LDKや4LDKなど、間取りの種類によって生活様式も異なってくるので、上記を参考にしながら間取りを決めてください。
ご質問等ございましたら弊社までお気軽にご相談ください。

後悔しない家づくりの心得

外からの視線を感じない家にするには?方法を解説します! 22年06月30日

「外からの視線を感じない家をつくりたい」
家づくりをお考えの方なら一度はこのように考えるのではないでしょうか。
ここでは視線をコントロールする方法について解説します。
家づくりを検討している方は必見です。

23500391_s.jpg

□視線をコントロールする方法をご紹介!

特に日当たりが良い家だと大きな窓を取り付けたり庭に出たりして陽の光を存分に浴びていたいですよね。
しかし同時に外からの視線も考える必要があります。
ここでは外からの視線をコントロールする方法について解説しましょう。

1つ目は窓の大きさや高さそして位置を調整することです。
窓がお隣さんから見える位置に配置してあると視線が気になってしまいます。
ただ、最初から隣の窓がどこにあるかも考えておくと、窓の位置を間違えにくくなるでしょう。

2つ目は目隠しを作ることです。
家同士が近い場合は窓の位置を調整するだけである程度視線を外せますが、家同士が遠い場合は調整が難しくなります。
そこでおすすめなのが目隠しを作ることです。
目隠しフェンスだと開放感を保ったまま視線をコントロールできるのでおすすめです。

3つ目は家を斜めに配置することです。
家の正面に窓が多かったり、目隠しフェンスで対応できない場合は思い切って家を斜めに配置するという方法をおすすめします。
お隣と窓が正面にぶつかることがなくなりますし、また庭を配置すると緩衝帯のような役割を果たしてくれます。
家全体を斜めにするのは戸惑うという方はリビングなど一部を斜めにする方法もあるので、設計士さんに相談されてみてください。

□外からの視線について解説!

ここからは家の種類によって外からの視線を感じないために注意するべきことを解説します。

南向きの家は快適性も高くとても人気ですが、自宅前の道路から丸見えになってしまうというデメリットもあります。
このような家の場合は自宅前の道路の交通量や人通りなども考慮してプランを検討していく必要があるでしょう。

家によっては元から隣家のある状況で建築されている場合も多く、そのため隣から敷地が見えやすくなるようです。
お互いに快適な生活を送るためには隣家の生活にも配慮する必要があります。
上記でも説明した窓の位置を調整するなどの工夫をしましょう。

23957436_s.jpg

□まとめ

この記事では外からの視線を感じない家にする方法について解説しました。
視線をコントロールするには窓の位置を調整したり目隠しフェンスを作ったりすることをおすすめします。
家づくりをお考えの方は当社までお気軽にご相談ください。

後悔しない家づくりの心得

戸建ての方必見!シロアリの対策方法を解説! 22年06月28日

この記事をご覧の皆さんは
「戸建てに住んている人向けのシロアリ対策について詳しく知りたい」「シロアリの種類ってどのようなものがあるのだろう」
このようなお悩みを抱えているかもしれません。
そこで、今回は戸建てのシロアリ対策について解説します。

23852507_s.jpg

□シロアリを予防する方法を解説!

自分でシロアリ対策をする場合は、シロアリが住みにくい環境を作ることが重要です。
ここでは効果的な3つの方法について解説するので、ぜひ参考にしてください。

1つ目はシロアリが好む木材を置かないことです。
家の周りに木材を置くとシロアリが大群でやってくる恐れがあります。
使わない木材や枕木はすぐに撤去するようにしましょう。
またダンボールもシロアリの大好物の1つと言われているので気を付けてください。

2つ目は建物の基礎周りの風通しを良くすることです。
シロアリは湿気と暗い場所を好みます。
基礎の周辺の通気口の周りに植木鉢などのものを置いてしまうと、通気口が遮断されてシロアリの好む環境になってしまいます。
寄せ付けないためにも基礎周りの風通しと日当たりは良くすることをおすすめします。

3つ目は水漏れや結露に気を付けることです。
水漏れやを放置しておくと木が腐ってしまい、結露木と湿った場所が大好きなシロアリにとって絶好の環境になりますし、放置すると家の耐久性を全体的に低くしてしまう恐れもあるのですぐに修理しましょう。

□シロアリの種類と発生地域を解説!

1つ目はヤマトシロアリです。
特別な巣を作るわけではなく湿った木材を食べます。
家が倒壊するほどの被害は与えないといわれています。

2つ目はイエシロアリです。
屋根裏や土中、壁中などに巣をつくり集団で行動します。
湿った木材だけでなく、乾いたものも食べ、その強力なあごで家中を食べつくします。
災害時の家の倒壊の原因と言われています。

3つ目はアメリカカンザイシロアリです。
これはアメリカから来たと言われるシロアリで、通り柱や梁、家具などの乾材を食べていきます。
巣自体は小さいですが、たくさんの巣を作るので駆除が非常に困難です。
わずかな水分だけでも何年も生き続けます。

5097351_s.jpg

□まとめ

この記事では、戸建てのシロアリ対策について解説しました。
シロアリを寄せ付けない環境を作るために、湿度と明るさを意識してみてください。
弊社では、「床下換気設備」を取り入れる事により、床下の空気の流れを作り湿気がこもらないようにしている他、人体に無害無臭の「ホウ酸系防蟻剤」を使用するなどの対策に取り組んでいます。
この記事をシロアリ対策をする際の参考にしていただけると幸いです。

最新イベント・見学会情報

宮崎木の家「構造・断熱」及び「気密試験」一般公開を行います! 22年06月27日

木花の山々の見える高台にある緑に囲まれた平屋の暮らし。家族の健康安心安全を考えた、こだわりの自然素材でつくるK様邸の超高性能住宅。

気密試験(400 × 300 px) (128 × 182 px) (182 × 128 mm) (1).png

宮崎市学園木花台の高台にて工事を進めておりましたK様邸の断熱・気密工事が完了しますと、社内検査の一環である「気密試験」を行います。

皆さんは、壁の中がどうなっているのか?どんな材料を使って、どんなふうに家が造られていくのか?ご覧になられた事はありますか?

外壁や間取り、住設機器など見える部分については、細かく調べますが、「断熱」「気密」「耐震」など構造や性能などの見えない部分については意外とご存じない方が多いのではないでしょうか。

IMG_3275-2.JPG

家づくりを始めた時は、家族みんなが「健康で安心して暮らせる家」を誰もが望んでいると思います。ですが始まってみると、間取りやデザイン性に気を取られてしまい、住み始めてから夏暑く、冬寒いという現状を目の当たりにし後悔されている方が多いと耳にします。

完成してからでは隠れてしまう部分ですので、今しか見ることができませんし、非常に大事なところですので、とても貴重な体験になりますよ

ご自身の目で見て確認し、これからの家づくりの参考にしていただけましたら幸いです。

後悔しない家づくりの心得

注文住宅をお考えの方へ!キッチンのこだわりポイントを解説! 22年06月26日

この記事をご覧の皆さんは
「注文住宅を考えているがキッチンづくりにこだわりたい」「キッチンの種類について詳しく知りたい」
このようなお悩みを抱えているかもしれません。
そこで、今回はキッチンの間取りの種類と、こだわりポイントについて解説します。

キッチン2谷口邸.jpg

□キッチンの間取りの種類を解説!

まずは基本となるキッチンの間取りやレイアウトの種類について解説します。

1つ目はI字型キッチンです。
シンクとコンロ、作業スペースが一列に並んでレイアウトされたもので、日本の住宅で最も目にするレイアウトと言っても過言ではないでしょう。
作業動線が横に広がるレイアウトですが、壁付けなので面積を狭くでき、リビングやダイニングを広い間取りにできます。
対面式でなければリビングに背を向けて作業することになるので、小さいお子様がいる場合は工夫が必要ですね。

2つ目はL字型キッチンです。
キッチンの調理台と天板をL字型に並べたレイアウトです。
複数の作業を同時に行えるので効率良く作業が進むでしょう。
ワークトップのコーナーに調理家電を置いたり、作業スペースにしたりすることで使いやすいキッチンになります。

3つ目はコの字型キッチンです。
ワークトップをコの字に配置したレイアウトで、L字型と同様に作業動線が短いというメリットがあります。
作業動線が短いので手の込んだ料理を作るご家庭や、品数を多く出すようなご家庭にぴったりです。

□キッチンのこだわりポイントについて解説!

ここではキッチンのこだわりポイントについて解説します。
毎日使うキッチンなので、自分や家族にとって理想のキッチンを選びたいですね。

キッチンを選ぶ際には以下のポイントを意識しましょう。

・レイアウト
・アイランドキッチンと対面キッチンのデメリット
・家事動線
・収納スペース

レイアウトは使いやすさとリビングでの過ごしやすさを考えて選ぶと良いでしょう。
アイランドキッチンと対面キッチンはリビングに臭いや音が広がりやすいので、気になる方は避けた方が良いかもしれません。

また家事動線を意識してアイテムを置いてください。
料理しながら家事を行いたい場合は、調理から配膳、片付けまでの一連の流れを考慮すると良いでしょう。
収納スペースは広ければ広いほど使いやすいというわけではないです。
何を収納するかを考えて取り出しやすいように配置しましょう。

恩田邸完成写真2017.05.27 041-2.jpg

□まとめ

この記事では、キッチンのこだわりポイントについて解説しました。
キッチンにはL字型やコの字型などの種類がありました。
理想のキッチンを選ぶためにも上記で紹介したようなポイントを意識してくださいね。
この記事を注文住宅でキッチンを選ぶ際の参考にしていただけると幸いです。

後悔しない家づくりの心得

平屋は子育てしやすい?理由や平屋の特徴を解説! 22年06月24日

この記事をご覧の皆さんは
「平屋に住むメリットが知りたい」「平屋の間取りは子育てに適しているのかな」
このような疑問を抱えているかもしれません。
そこで、今回は平屋に住むメリットと、子育てに適しているかどうかについて解説します。

倉永様邸完成2016.06.23 005.jpg

□平屋に住むメリットを解説!

平屋とは1階建ての戸建ての住宅のことで、生活空間が1階に全て集約されているという特徴があります。
ここでは平屋のメリットについて詳しく解説します。

1つ目は動線の効率が良いことです。
2階があると荷物を運んだり洗濯物をしまいに行ったりする際に負担がかかりますよね。
平屋には2階がないのでその分動線がコンパクトになります。

2つ目は家族とコミュニケーションが取りやすいことです。
住人全員が同じ空間にいるのでコミュニケーションが自然に増えるでしょう。
距離が近くなるので安心感を感じやすくなります。

3つ目は構造が安定していることです。
2階の重さが1階にかからないので建物の構造が安定しています。
耐震性に優れているため、災害が起こったとしてもダメージをあまり受けずに済みます。
2階建てに比べ柱や壁が少ないので、開放感を感じられることも大きなメリットの1つです。

4つ目は生活様式の変化に対応しやすいことです。
段差が少ないのでバリアフリーにするのも簡単ですし、子どもがいる場合は階段で転倒するなどの可能性がないので安心して子育てできます。
将来子ども部屋が空いた際には階段を考慮することなく別の用途に活用できます。

□平屋の間取りは子育てにぴったり!

上記でも少し触れましたが、平屋は子育てにぴったりです。
家の中がワンフロアのように見渡せる間取りなので、家事中でも子どもを見守られますし、家族の気配をいつでも感じられるため子どもも安心して過ごせます。

平屋にすることでインテリアを工夫しやすくなりますが、家族が暮らしやすい間取りにすることが最重要です。
子育てしやすくするためにはおむつ替えや、昼寝が気軽にできる畳ルームや日向ぼっこできるウッドデッキ、書斎や遊び場に最適な小屋裏収納などを設置するのがおすすめです。
インテリアの自由度が高い平屋で子育てに最適な家づくりを考えましょう。

倉永様邸完成2016.06.23 136.jpg

□まとめ

この記事では、平屋に住むメリットや平屋での子育てについて解説しました。
平屋は子育てがしやすく、構造も安定しているので災害時にも安心できます。
この記事を平屋を検討する際の参考にしていただけると幸いです。

【K様邸の上棟式を行いました!】木花の山々の見える高台にある緑に囲まれた平屋の暮らし。家族の健康と安心安全を考えた、こだわりの自然素材でつくる超高性能住宅。 22年06月23日

先月より宮崎市学園木花台の高台にて工事を進めておりましたK様邸上棟式を、雨がパラつく中ではございましたが6月20日の良き日に無事に執り行う事ができました。

IMG_1508.JPG

K様邸は、ご夫婦とまだまだ小さな娘さんとのご家族3人で暮らされる、敷地面積 約72坪延床面積 約31坪平屋建てとなっております。
省エネ性能は、宮崎ではトップクラスの「HEAT20 G2」同等の超高性能住宅となっており、こだわりの自然素材のみを使用しておりますので、夏・冬関係なく一年中快適にお過ごしいただけ、心も体も癒される「住んで健康」になる住まいとなっております。

IMG_3028.JPG

当日は奥様のご両親も参加されて、無事故で安全に、そして「夢の詰まった家」が立派に完成する事を、全員で祈願いたしました。
当日、お天気であれば、見晴らしの良い屋根の上で神事を行う予定だったのですが、屋根が雨で濡れておりましたので安全を考え残念ながら屋内で催すことに致しました。

IMG_3114.JPGのサムネイル画像

小さな娘さんが、お天気になりますようにと願いを込めて、"てるてる坊主"を玄関前につるしてありました。。(* ´艸`)カワイイ

後悔しない家づくりの心得

南向きの家のメリットについて解説!そのほかの方角のメリットも解説します 22年06月22日

この記事をご覧の皆さんは
「南向きの家のメリットについて詳しく知りたい」「日当たりが悪い家の場合どのように対策すれば良いのだろう」
このようなお悩みを抱えているかもしれません。
そこで、今回は家のそれぞれの向きの特徴と、日当たりが悪い家の対策方法について簡単に解説します。

1466681_s.jpg

□各方角の日当たりの特徴を解説!

ここではそれぞれの方角の特徴について解説します。

南向きの部屋は季節問わず太陽が当たる時間が最も長い場所と言われています。
寒い冬でも暖かく過ごせるので、南向きのリビングは多く目にすると思います。
また洗濯物も乾きやすいという観点からもバルコニーや物干し部屋は南向きにされる方が多いですね。

北向きの部屋は夏は快適に過ごせますが、冬は寒くなりがちという特徴があります。
そのため居室ではない、トイレや収納、日が当たると変色してしまうような本や衣類などをしまう部屋を北側にするのがおすすめです。

東向きの部屋は朝日をたっぷりと取り込めて、午前中を気持ちよく過ごせるというメリットがあります。
キッチンやダイニング、また朝は光を浴びて起きたいという方は寝室を東向きにすると良いでしょう。

西向きの部屋は午前中は光が当たりにくいかもしれませんが、午後は日当たりが良いという特徴があります。
朝日が入りにくいので朝までゆっくり寝たい方、または午前中に家にいるのが少ない方におすすめです。
西日が入るので、冬の夕方でも暖かく過ごせると思います。

□日当たりが悪い部屋の対策方法をご紹介!

気になる家の日当たりが悪く、購入をためらっている方もいらっしゃるかもしれません。
ここでは日当たりの悪さを解消するための方法を解説します。

1つ目は風通しを良くすることです。
日当たりが悪いと洗濯物が乾きにくかったり湿度が高くてジメジメしてしまうなどの問題が出てきます。
しかし、風通しを良くするだけでこれらの問題の大部分を解決できるでしょう。
窓の配置を考え、こまめに換気・通風したり、機械的に換気を行ったりして工夫しましょう

2つ目は内装や照明を変えることです。
日当たりが悪いと、日中でも部屋の中が暗くなってしまいますよね。
この問題も内装や照明を変えるだけでほとんど解決できます。
内装を明るめのカラーに変えたり間接照明を利用して光を反射させたりすることで暗さも気にならなくなるはずです。

23509622_s.jpg

□まとめ

方角の一般的な家のメリットとデメリットについて解説しましたが、私どもの「高気密・高断熱」で優れた自然素材のみを使用した家におきましては、暮らし方がかなり違うところもございますので、お問合せ頂ければと思います。

矢野の家づくり日記

のどかな田園風景に囲まれた平屋の暮らし。家族の健康と安心安全を考えた、こだわりの自然素材でつくる超高性能住宅。O様邸の「構造・断熱」及び「気密試験」の一般公開を行いました! 22年06月16日

IMG_1344.JPG

先月よりお知らせしておりました、宮崎市清武町O 様邸の「構造・断熱」及び「気密試験」一般公開を行いました。
当日は、あいにくの大雨・強風のお天気で足元が悪いなかご参加してくださり、本当にありがとうございました!
(イズムの家は、気密性が高いため外壁が貼ってない状態で台風が来ても大丈夫なんですよ)


完成してからでは隠れてしまう部分ですので、施主様ご自身の目でしっかりと確認をしていただきながら、断熱材気密性の事、そして構造の大切さについてご説明をさせていただきました。
一般公開の場では、一年中快適な理由や「構造・工法」「断熱材の性能」「気密」の大切さ、「耐震」についてなどイズムのこだわりについて、皆様の貴重なお時間を頂戴しお話させていただきました。

IMG_9273.JPG

IMG_1404.JPG

気密試験は、施工精度を測る事により不良個所を見つける目的もありますので、内装ボードや外壁など何も貼ってない状態で気密値を計測いたします。

 ※社内基準はC値0.3以下 

C値」とは気密の精度を表す数値のことで、簡単に言うと「家にどれくらい隙間があるのか」を示した数値になります。
数値が低いほど隙間がない家=高気密な家ということになります。

結果は、今回も社内基準値を大きく下回るとても良い数値でした。これも大工さんの頑張りと意識の高さです。施主様にも大変喜んでいただけ、ホッと一安心です。

IMG_9344.JPG

気密試験終了後には、通常(玄関ドア→片開きの場合)「玄関ドア開けチャレンジ」をしていただきます。
今回のお宅は引戸だった為、割愛させて頂きました。

玄関ドア開けチャレンジ」は、室内を減圧しているため外気圧に押され玄関ドアが普段より開きにくく、小学生のお子さんが両手でおもいっきり押してもなかなか扉は開きません...
気密がしっかりとしている事を体感していただく楽しいチャレンジです( ´艸`)
★前回の気密試験の様子です★ ←クリック♪

これから室内の造作工事に入ります。施主様との細かい打合せを重ね、大満足して頂ける家を目指しますので、完成まで今しばらくお待ちください!

後悔しない家づくりの心得

新築をお考えの方へ!洗面所の広さを決めるポイントとは? 22年06月12日

「どのようにして新築の洗面所の広さを決めれば良いのかわからない」
「広い洗面所の魅力や注意点が知りたい」
このようにお考えの方はぜひこの記事をご覧になってください。
ここでは、洗面所の広さを決めるポイントと広い洗面所のメリットとデメリットについて解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

23497832_s.jpg

□洗面所の広さを決めるポイントとは?

洗面所の広さを決める際にチェックしたいのが「設備の大きさ」「家族構成」「ドアのタイプ」の3つです。
それぞれのポイントを解説します。

まずは設備の大きさに注目しましょう。
洗面化粧台を始め、洗濯機や乾燥機などを置かれる場合はそれらも問題なく設置でき、使う際も不便にならないことが最低条件です。
洗面台は幅90~120センチメートル、奥行き約60センチメートルで、洗濯機は幅64から75センチメートル、奥行き60から65センチメートルくらいのものが主流です。

次は家族構成に注目しましょう。
家族が多ければその分大きな洗濯機が必要で、収納スペースも大きくしたいですよね。
朝の身支度では、洗面所が混雑することが予想されるので、スペースに余裕が持てると理想的でしょう。
また、幼いお子様がいらっしゃる家庭では、脱衣所を広くとると入浴準備や着替えもしやすいです。

最後はドアのタイプに注目しましょう。
開き戸であれば、ドアを開くスペースが必要になるため、広さに余裕を持たせなければなりません。
もし奥行きを確保できそうになければ、引き戸を検討すると良いでしょう。

□広い洗面所のメリットとデメリットをご紹介!

広い洗面所の最大のメリットは、収納スペースを広くできることです。
洗面所の広さを確保することによって、収納スペースとして活用できます。
あらかじめ何を収納したいのかイメージして収納スペースを確保してくださいね。

また、室内の物干しスペースとしても活用できます。
洗面所に物干しスペースを作ると、洗濯機から出した洗濯物を移動することなく干せるので、非常に楽ですよね。
これは、主婦の方にとっては非常にありがたいポイントでしょう。

一方で、他の部屋のスペースを圧迫してしまうことに注意しましょう。
もし、スペースや間取りに制限があるなら、優先順位を考えて洗面所の広さを決めてくださいね。

4932324_s.jpg

□まとめ

どのようにして洗面所の広さを決めれば良いのか、広い洗面所の魅力と注意点は何なのか、ご理解いただけたでしょうか。
洗面所を広く取ることはメリットもあればデメリットもあります。
これらのバランスを考えて洗面所の広さを決めてくださいね。

HOMEへ戻る

一番上へ戻る