九州宮崎で外断熱の木の家、冬暖かく夏涼しい健康住宅を建てる工務店
注文住宅・家造りの参考にモデルハウスにも是非足を運んでください

0120-65-9575
TEL 0985-89-3142
FAX 0985-89-3143

後悔しない家づくりの心得

夏は涼しく冬は暖かい家にするための工夫をご紹介します! 21年12月20日

「一年中快適な家にしたいけれど、どんなことに気をつければ良いのかわからない」
そのような方は多いでしょう。
そこでこの記事では、快適な家とはそもそもどんなものなのか、夏は涼しく冬は暖かい家はどのように工夫すれば実現できるのかについて解説します。

0415.jpg

□夏は涼しく冬は暖かい家ってどんな家?

一般的な住まいでは、夏は暑くベタベタしており、冬は寒く乾燥しているでしょう。
そして夏でも涼しく、冬でも暖かくするために冷暖房を使用すると思います。
しかし、冷暖房ばかりに頼っていても、光熱費が高額になるだけですよね。

そこで注目されたのが壁や天井に使われる自然素材なのです。
自然素材には調湿作用があり、室内の湿度が高い時には湿気を吸収し、湿度が低い時には湿気を放出してくれます。

このようなメカニズムで夏は涼しく、冬は暖かい住まいを実現できるのです。

□一年中快適な家にするための方法をご紹介!

では、どのようにしたら夏は涼しく冬は暖かい家を作れるのでしょうか。
意識したいのは「断熱化」「気密化」「風の動きを読む」の3つです。
それぞれ解説していきます。

まずは断熱化です。
断熱化というのは、外気からの影響を受けないようにすることです。
建物自体に断熱材を使用して断熱性を確保するのが現在の主流になっています。

断熱性を向上させることで、冬に暖房を使っているのになかなか暖かくならない、といった現象を防げます。

次は気密化です。
気密化はできる限り住まいの隙間をなくすことで、外から侵入してくる空気を減らすという考え方です。

なぜか冬に室内で冷たい風が感じられる、なんてことはありませんか。
これは気密性が低く、外気が室内に侵入してきた証拠なのです。

日頃あまり気づかない場所からの隙間風によって、室内の快適な空気がロスされています。
例えば、床と壁、コンセントの取り付け場所からの隙間風などが有名です。

最後は風の動きを読むことです。
たまには外からの爽やかな風も取り入れたいですよね。
そのためには建築予定地での風向きを読む必要があります。

季節によって風の向きは変わりますから、それを生かした家づくりをすると良いでしょう。

020.jpg

□まとめ

今回は夏は涼しく冬は暖かい工夫の方法について解説しました。
当社ではそんな住まいを作るのに重要である自然素材を取り扱っております。

特に漆喰に関しましては、光触媒の効果半永久的にクリーンな空間を保てる幻の漆喰」を扱っております。
自然素材を使って快適な住まいを実現したい方はぜひ当社にご相談ください。

| コメント (0)

コメント一覧

コメントする

HOMEへ戻る

一番上へ戻る