九州宮崎で外断熱の木の家、冬暖かく夏涼しい健康住宅を建てる工務店
注文住宅・家造りの参考にモデルハウスにも是非足を運んでください

0120-65-9575
TEL 0985-89-3142
FAX 0985-89-3143

後悔しない家づくりの心得

新築をお考えの方へ!ロフトって必要? 22年09月17日

新築をお考えの方で「ロフトを設置したい」と考えたことがある方も多いでしょう。
しかし周りにロフトを設置している人が少なかったり、どのように活用すれば良いか分からなかったりして一歩踏み出せない方もいるのではないでしょうか。
そこで今回はロフトのメリットや活用術について解説するので、新築を建てる際の参考にしていただければ幸いです。

05.JPG

□ロフトのメリットを解説!

そもそもロフトとは部屋の一部を二層式にした上部空間のことを言います。
屋根裏部屋という呼び方でなじみ深い方もいるでしょう。
ここでは新築一戸建てにロフトをつくるメリットを解説します。

1つ目はデッドスペースを活用できることです。
ロフトをつくる際には色んな制約がありますが、これらをクリアすると家の中の使われていない部分を活用できます。
比較的コンパクトな一戸建てをお考えの方はこのロフトがかなり重宝するかもしれません。

2つ目は多様な使い方ができることです。
ロフトは基本的には収納スペースとして使われますが、その他にも子どもが遊ぶスペースや趣味の部屋などの用途に使うことも可能です。
子どもは秘密基地のような空間を好むのでロフトは大人気になるかもしれません。

3つ目は部屋が広く見えることです。
ロフトを設けるために天井を高くすることによって空間に奥行きが生まれます。
部屋を広く見せたい方はリビングにロフトを設けることをおすすめします。
特に平屋の場合はロフトの効果を感じやすくなるでしょう。

□ロフト活用術をご紹介!

上記でも少しご紹介しましたが、ここではロフトの活用方法についてさらに詳しく解説します。

1つ目は物置として使うことです。
ただ、はしごの上り下りや物の出し入れが大きな負担になる可能性もあります。
このような心配をされている方は階段型収納を設置することをおすすめします。
安全にロフトへ上れるので安全性を心配する必要がありません。

2つ目は書斎や遊ぶスペースに活用することです。
子どもの遊び部屋にするメリットは下階からもロフトの気配を感じられるので、親も安心して遊ばせられることです。
遊び部屋にしたい場合は上記の理由からリビングにロフトを設けることをおすすめします。

060.jpg

□まとめ

この記事では新築をお考えの方に向けてロフトのメリットや活用方法について解説しました。
活用方法に困った方はぜひこの記事を参考にしてくださいね。
ご質問等ございましたらお気軽に弊社までお申し付けください。

| コメント (0)

コメント一覧

コメントする

HOMEへ戻る

一番上へ戻る