九州宮崎で外断熱の木の家、冬暖かく夏涼しい健康住宅を建てる工務店
注文住宅・家造りの参考にモデルハウスにも是非足を運んでください

0120-65-9575
TEL 0985-89-3142
FAX 0985-89-3143

矢野の家づくり日記

眺めの良い里山に建つ、家族の安全と健康・快適性を大事に考えた家、O様邸の上棟祭を行いました! 17年02月09日

昨年の12月より、宮崎市佐土原町で工事を進めておりましたT様邸上棟式が、1月28日(日)の良き日に執り行われました。O様邸は、敷地面積約240坪、2階建の床面積42坪となっております。
佐土原の山々や田園風景が見渡せる里山の一角にあり、家族がのびのびと自然を感じながら暮らせるようにこの場所を選ばれたように聞いております。

onndatatekata2020.jpg

職場が近い訳でも、学校が近い訳でも、スーパーが近い訳でも何でもない、ただただ、のどかな景色が広がっており、心が穏やかになれるような素晴らしい眺望の場所にございます。
家族の生活を、暮らしを大事に考えるのなら、最高の住環境であるように思います。
子供さん達も、自然も人も愛する優しい人間に育ってくれるような気がしますね。(笑)

ondatatekata 018.jpg

ただ、周りに何もない場所ですので、暑さ、寒さ、台風、地震など厳しい自然環境にでも堪えられ快適に生活が維持出来るよう、家造りにはこだわりました。
施主のO様と、幾度も打合せや変更を重ね非常に満足度が高いものになったように思っております。

| コメント (0)

矢野の家づくり日記

あけましておめでとうございます!! 17年01月04日

あけましておめでとうございます!
昨年は、私どもの「良い家」造りに賛同して頂き新しくOB施主様になって頂いたり、完成内覧会、体感住宅モデルハウス、構造及び気密試験にも多くの方にご来場頂きました。
少しずつではありますが、住まわれる方にとって本当に良い家とは何か?を考えて頂けるようになってきたのかなと、本当に嬉しく思っております。これからも新たな技術習得、革新に努めていきたいと考えておりますので、今年もよろしくお願いいたします。

syougatuoseti0421.jpg

上の画像は、わが家の手造り「おせち料理」?でございます。
高価な物、特に手の込んだ物とかは入っておりませんが、昔から食べていたものは一通り作ってくれました。妻が、子供達にも伝えていきたいと言う想いで頑張ってくれたようです。ちなみに、私があまりお酒をたしなむ方ではありませんのでお刺身類はございません。(笑)

syougatusyuugou0386.jpg

我が家のお正月は、1日にお屠蘇を頂く時に一人ずつ「昨年の反省と今年の抱負」を発表してから、おせちを頂きます。その後、近くに独りで住んでいる今年で93歳になる母の処へ弟家族と集まります。今年は全員は揃いませんでしたが、子供、孫、ひ孫、みんなが揃うこの時が、母にとっては一番にに嬉しいようです。90歳過ぎても居てくれる母に感謝です。(笑)

| コメント (0)

矢野の家づくり日記

「風水インテリアアドバイザー」の資格認定講座に行って来ました! 16年12月15日

fuusuisemina-.jpg

家造りを考えておられる方で「家相・風水」に興味を持っておられる方のために正しい知識を持って頂きたく、昨年まで、リクシルさんのショールームをお借りして、東京より著名な麻生先生をお迎えしての「家相・風水セミナー」を行ってまいりました。

最近も、ご相談を受ける機会がありましたので、私自身も少しでもアドバイス出来るように勉強しなければと奮起しまして、「風水インテリアアドバイザー」の資格取得のため、福岡まで認定講座を受講しに行ってきました!
最後にテストがあると聞き少し慌てましたが、大丈夫だったようです。(笑)

fuusuisemi.jpg

家相と風水の違いや九星の事を始め、風水の基本的な考え、気の流れを大事に考えている事など丁寧に教えて頂きましたが、その根幹は人が健康で住みやすい環境にするための古来からの知恵であり統計学なんですね。

風水は、何の法律もなかった時代の「建築基準法」みたいなものだとも言われていましたが、確かにそうなのかも知れませんね。
そして、ここをこうしたら家族が不幸になるではなく、このようにすれば家族が幸せになる術だそうです。(笑)

| コメント (0)

矢野の家づくり日記

新しく誕生する家族の健康と快適さを大事に、高性能で体に優しい自然素材で造る、T様邸の上棟式を行いました! 16年11月30日

tokusigetatekata2016.11.27 010.jpg

先月より、都城市で工事を進めておりましたT様邸上棟式が11月27日(日)の良き日に執り行われました。T様邸は、敷地面積約66坪、2階建の床面積41.5坪となっております。

上の写真は、クレーンを使っての「建て方」の作業の様子です。わずか12cmの幅の木材の上を重い材料を持って作業しておりますが、熟練の大工さんならではですね。
私は、足場の上でしたらビルなどの何十メートルもある高所でも平気なのですが、このような木材の上を歩くのは未だに苦手ですね。(汗)

tokusigesenngu2016.11.27 044.jpg

上棟式の、数日前からのクレーンを使っての建て方の期間中は、お天気にも恵まれ効率良くそして安全に作業も進める事ができました。
ただ、上棟式の当日は朝より雨が激しく降っており「せんぐ撒き」にご近所の方が集まって頂けるか心配していたのですが、夕方には雨も上がり、上の写真のようにたくさんの方に集まって頂き賑やかな「せんぐ撒き」となりました!
T様のアイデアで、「せんぐ」の中に「抽選券」を入れておられ、終わった後でオモチャなどと交換されたりして子供さんたちも大変喜んでいたようです。(笑)

| コメント (0)

矢野の家づくり日記

夏・冬の寒暖を忘れるように暮らす事ができ、心と体に優しい自然素材の家、S様邸の「幻の漆喰」塗りが始まりました! 16年11月23日

satasikkui 001.jpg

宮崎市大王町のS様邸の、「幻の漆喰」塗りの作業が始まりました!
上の写真は左官の長友親方で、まだ若い(私より)のですが、色々な現場での経験・実績があり、宮崎では3本の指に入る職人さんではと思っております。
何より仕事にたいする姿勢が本当に真面目で、奥さんの実家も左官の親方をされていると言う生粋の左官ファミリーです。(笑)

satasikkui2 003.jpg

私どもでは、大工さんの工事が終わり片付けまで済ませた上で、漆喰塗りの作業に入ります。
それは、塗り壁はホコリを嫌いますし、塗り立てのところに他の人が当たって傷が付いたりしないようにです。
また、他の殆どのメーカーの塗り壁は、現地で水道水を入れ練るものが殆どですが、幻の漆喰だけは工場で「純水」で練ったものが真空の袋詰めできますので、一切、水道水は使用しておりませんし、水の入れ過ぎで薄くなったり、不純物が入ったりと言う事もございません。
室内の、空気中の化学物質を分解する効果や消臭効果調湿効果など、他社との違いがこの辺りに出ているのかも知れませんね。

| コメント (0)

前の5件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13
0120-65-9575
0985-89-3142
0985-89-3143

HOMEへ戻る

一番上へ戻る